« 巫女の一言 寒さ編 | トップページ | 初詣 »

巫女の一言 お参り編

こんばんは、あゆです。

お正月の三が日も終わり、各神社はいつもの静けさを取り戻しつつあります。

巫女の一言も本日で最後となりました!

で、最後のテーマはズバリ”お参り”ですd(^-^)

と言っても御手洗場で手を清め・・・なんてのではありません。

正式な手順を取ると確かに、手を清め、口を清め、本殿で一礼・・・となるのですが、

詳しいことは各神社がお持ちのHPに詳しく書かれているのでそれを参考になさって下さい(タダ単にあゆが説明できるほどきっちりと知らないだけなんですが・・・)。

ココでは気軽に神社の各建物を楽しんでいただこうと思います♪♪

モデルになってもらうのはあゆが巫女をしていた某神社です!

まずは入り口です。

Cimg1092

神社によっていっぱい門をお持ちのところがございます。

あゆがいた神社も裏門、西門、東門・・・とありました。

基本的に交通手段で入りやすいところから入る方が多いのですが、

せっかくお正月に神社に行くのです。正門から入りましょう!

Cimg1091

この神社は正門入ってすぐにこんな石碑が立ってます。

有名な「お百度石」です。誰にも見られず、裸足で、この石を回って本殿まで100回行くことができると願いが叶うというアレです(^○^)

結構どこの神社にもあります。ただ、場所がマチマチだったり、小さくてわからなかったりとするので、よく見て下さい。発見すると「あぁ、昔、ここで何かの願いを叶えたく、お百度参りをした人がいるんだなぁ」と遙か昔の人に思いを馳せて下さい。

Cimg1090

そして、本殿です。神社によっては「真ん中は神様の通り道、端っこを歩きましょう」と仰られているところがあります。その場合は真ん中は避けて通ります。郷に入っては郷に従えです☆

お賽銭は人それぞれです。語呂合わせで「ご縁(5円)がありますように」や「十分ご縁(15円)がありますように」とか「二重にご縁(25円)がありますように」とかでこの金額をお賽銭として納める方が多いようです。

が、しかし!!10円玉は入っていても5円玉は入っていないのがお財布です(笑)。

事前に5円玉があるかどぉかなど、予めお賽銭の確認をされているほうがいいと思われます。

よく「すみません、お賽銭、両替して下さい」と来られます。

お賽銭は納めるという心持ちが大切なのであって、金額が大切なのではありません。

語呂合わせも大切かもしれませんが、神社で両替してもらうよりかは金額的に少なくてもよいのでは?と思う今日この頃です。

さて、神社の本殿ですが、宮大工が頑張って作った何百年と保つ代物です。

お参りだけでなく、その建物の作りを見、多くの人(注連縄も氏子と呼ばれる男の方が精魂込めて作った物です)がその本殿制作に携わっていることを実感していただきたく思います。

Cimg1089
画像がボケてますね(^◇^;)すみませんm(__)m

お参りした後はそのまま帰るのはちょっと寂しいものがあります。

お正月なので、1つおみくじでも引いて今年1年の運を試すのも一興かもしれません。

思い新たに頑張るためのお守りやお札など、いかがでしょう?

わからないことは気軽に神社関係者にお聞き下さい♪♪

本当の神社関係者(大多数の巫女は某芸人さんのネタでご存じの通り「悲しいときぃ!巫女がバイトだと知ったときぃ!」です。にわか関係者なのです)の方が見られると「何ていいかげんな!」と怒られるかもしれませんが、

人として基本であるマナー等(ポイ捨てをしない、大勢の人のところでは歩きタバコをしない、立ち入り禁止の場所に入らないなど)をしっかりと守ってお参りしていただければ特に問題はないように思います。

お正月の初詣は日本の古くからの文化を子供からご年輩の方まで、気軽に体験できるものだと思います。

神様はヤキモチ焼きですが、自分のことを慕ってくれる方々には大変寛容です。

「いろいろ仕来りがあって面倒くさいから初詣しない」なんて言わずに、

近所の神社にぜひ初詣して下さい。

案外、懐かしい人に会えたりもして楽しいものですよ(*^_^*)

|

« 巫女の一言 寒さ編 | トップページ | 初詣 »

コメント

あけましておめでとうございます!
年末年始は不在でしたのでご挨拶が遅くなってしまいました(^^ゞ年末~元旦お疲れ様でした☆
「巫女の一言」シリーズも興味深く拝見させていただきましたよ♪
僕はお守り&願い事が複数になってかなり欲張ってしまいました(爆)神様にそっぽ向かれないよう日々精進しないと、ですね(笑)
2007年もあゆさんのブログ楽しみにしております(*^^)v
本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: 悠斗 | 2007年1月 4日 (木) 12時47分

>>悠斗サマ
 こんばんは、あゆです。
 明けましておめでとうございます。

 9年ほど巫女をしておりますと、
 聞かれる質問が大抵同じことに気がつきまして、
 何かのお役に立てればなぁと思い、書いてみました。
 来年、悠斗サマが初詣に行く際、
 「あぁ、昔こんなことを言うてた人がいたなぁ」と思い出していただければ光栄です(*^_^*)

 あまり統一性のないブログですが、
 毎日更新を目指し、日々精進しますので、
 これからもよろしくお願い申し上げますm(__)m

投稿: あゆ | 2007年1月 4日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巫女の一言 お参り編:

» 先輩から結婚式の披露宴の余興を頼まれてしまった。 [結婚式の披露宴で余興をするあなたの為に!!余興はこれで決まりです。]
結婚式の披露宴で余興を頼まれるのは、 「嬉しくもあり、悲しくもあり」 ではないでしょうか?  式を挙げる二人に心から喜んで貰える余興とは? 参列者をまきこみ、感動と喜びに溢れた披露宴にする余興をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 11時24分

« 巫女の一言 寒さ編 | トップページ | 初詣 »