« 甘い誘惑 | トップページ | 早くホンモノが・・・ »

意外と知らない母国語

こんばんは、あゆです。

あゆは大学で国文学を専攻していました。

英米文学とかと違って、国文学が将来役に立つのは、

文章添削くらいだと思っていました。(実際そうなんですけどね(^_^;))

ところが、地域の国際交流協会でボランティアをしていると、

いろんなところで国文学を使うところがありました。

例えば、日本語には3つのタイプがありますよね?

『ひらがな』『カタカナ』『漢字』。外国の方からするとコレは不思議なんだそうです。

よく考えてみればそぉかもしれませんね。漢字圏外の方は言うに及ばず、

漢字圏内の中国でも、漢字1タイプですし、お隣の韓国は漢字とハングルの2タイプですが、今ではほとんどがハングルだそうで、漢字は姿を消しつつあると聞きました。

ちなみに、日本語に3つのカタチがあるのは『漢字』を元に

『ひらがな』は女性が簡単に漢字を覚えるため、簡略化したから、

『カタカナ』はお坊さんがお経を聞きながら書き写すため、ささっと書いて聞き逃しや書き逃しがないように略していたからです。(今でも電話を受けながらのメモなどはそんな感じで書きますよね?例えば”ケイアイ企画”なら”KI企画”と書くとか。それと一緒です)

こんなこと、国文学くらいしか勉強しませんよね(笑)

そして、よく聞かれるのは「トンネルって日本語で何て言うの?」や「ピアノの日本語訳は?」など、カタカナを当たり前のように使っている言葉の日本語訳です。

初めてそぉ質問されたとき、

「え?トンネルはトンネルでしょ?」と思いました。

だって”トンネル”は”トンネル”で育ってきたし、”ピアノ”も同じです。

でも、普通に考えると”ピアノ”は”piano”ですし、

”トンネル”は”tunnel”ですよね。

中学の英語の教科書にちゃんと書かれてます。

皆様、わかりますか?

こぉいった言葉の和名を探すのって結構楽しいですよ♪♪

(便利な世の中なのですぐにわかると思いますが(^◇^;))

こうやって見てみると案外自分の国のことって知らないことが多いですよね。

国文科に入っていろんな日本文化を学び、

改めて自分の国について知ることができました。

それに、妙に雑学チックな知識が増えて、

就活の面接等では重宝しましたしv( ̄∇ ̄)

ん~、そぉ思うと国文学も悪くないかな(笑)?

|

« 甘い誘惑 | トップページ | 早くホンモノが・・・ »

コメント

トンネルは犬小屋ですよね。
みんな知ってるもんね。
えっ、それはケネル?
じゃぁ、トンネルって?
正解はWEBで!

投稿: ワイか?テツや | 2007年2月10日 (土) 23時34分

>>テツサマ
 こんばんは、あゆです。

 ケネル?って何でしょう?
 今度お会いしたときにでも詳しくお聞きしますね☆

投稿: あゆ | 2007年2月11日 (日) 00時45分

こんばんわ。お邪魔します。今、勤めてる会社では中国人の人やフィリピンの人たちと一緒に仕事しています。(怪しい店じゃないですよ。(><))母国を離れてまで日本に来ている人たちですから、必死に日本語を覚えようしています。でも、日本語の表現って同じ意味のものでも言い方がいろいろあるじゃないですか?そういう微妙な違いが理解しにくいみたいです。逆に言うと一つのものにいろんな意味を込めれる日本語っていいなって思います。少し、ブログの内容とは離れちゃったかな?

投稿: 暇人 | 2007年2月11日 (日) 01時56分

>>暇人サマ
 こんにちは、あゆです。

 本当、そうですよねぇ。
 日本人であるあゆ達が明確な使い分けができていないのに、
 外国語として日本語を学んでらっしゃる方々には
 理解するのは難しいと思います。
 あゆも日本語教員の免許を持っている関係で
 外国の方に日本語を教えたりしているのですが、
 難しいですね。
 日本に住まれてる方などはニュアンス的に解っていただけるんですが、
 海外におられる方には「???」って感じですね。
 それでも1つの言葉でいろんな意味があったり、
 いろんな使い方ができたり、
 微妙な違いを表現しようとする日本語は大好きです。
 他の言語にはないすばらしいところだと思いますし、
 外国の方もそぉ思われてるみたいで、
 日本人としてソコはとても嬉しく、また、誇りに思いますね(*^_^*)
 
 いぃぇ~!大丈夫ですよ!
 日本語ってスゴイよね!?ってのが伝わったようで
 とても嬉しいですo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

投稿: あゆ | 2007年2月11日 (日) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甘い誘惑 | トップページ | 早くホンモノが・・・ »