« 待ちに待った瞬間 | トップページ | ノォ~~~~~~<( ̄口 ̄||)> »

新たな隠れ家

こんばんは、あゆです。

本日は曇り時々雨のタメ、若干肌寒い兵庫県。

ん~、今週はあんまり青天に恵まれなさそぉです。

いつ車洗おうかなぁ(^◇^;)

さて、先週雑貨屋さんのリンク集を徘徊して見つけた

超隠れ家的カフェに行ってきました!

Cimg1775

兵庫県加古川市にある“cafe de Shuu”さんです。

後ろの建物を見てわかるよぉに住宅街の中にあります。

「え?ココ入って行くの?」というくらい細い道を入って行きます。

Cimg1769

お店の中には石庭があり、住宅地の中にポッカリ穴が開いたみたいな感じです。

Cimg1768

写真に写ってる女性が店長さんです。

後ろに並んでるコーヒーカップから1つ1つオーダーに合わせてカップを選んでくれます。

Cimg1771

今回あゆがオーダーしたのは“ウィンナ・コーヒー”です。

大きなカップにたっぷり入ったコーヒーと、

そのコーヒーを覆い隠すように入れられた生クリームが

とっても美味しかったです(*^^)v

こちらのカフェではコーヒー豆を自家焙煎されており、

当日使う分だけ焙煎されてるそうです。

なので、酸味が少なく、普段紅茶党のあゆでもクセなく飲めました。

と言うか、紅茶並にゴクゴク飲めました。

コーヒー独特の飲んだ後に残るザラザラ感(酸味です)がお好きな方には若干物足りないかと思われますが、あゆはあの酸味が苦手なのでとっても美味しく頂きました。

また、3枚目の写真で解るように、大きな窓で一面仕切られてます。

外の光がいっぱい店内に差し込まれます。

その上、周りを塀と住宅で囲まれているため、

キツイ直射日光が入ることはありません。

春の柔らかい光が店内に漂って、長居してしまいそうでした。

今回は後に予定があったため、早々に切り上げて帰ってきましたが、

次回は小説なんかを持って行ってマッタリと過ごそうと思ってます。

ちなみに、こちらのカフェではコーヒー豆の生豆が売られてます。

お店の方に頼むと焙煎もしてくれます。

焙煎には数十分掛かるの前もって電話しておけば、

自分がお茶をしてる間に焙煎し、帰る時に持って帰れるというわけです。

ナカナカないですよね、個人カフェで豆を自家焙煎してくれるトコロって。

以前行っていたカフェが最近新聞に載るなどして、

隠れ家としての要素を失いつつあり、

新たなカフェを探しているときに見つけました。

当分こちらのカフェでお世話になろぉと思います。

|

« 待ちに待った瞬間 | トップページ | ノォ~~~~~~<( ̄口 ̄||)> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちに待った瞬間 | トップページ | ノォ~~~~~~<( ̄口 ̄||)> »