« 古都に触れる@京都 | トップページ | アレがシャワーですよ・・・ »

通りゃんせ、通りゃんせ

こんにちは、あゆです。

珍しくお昼にアップです☆レストランのバイトがなくなり、

日曜日に家にいるという、あゆにとっては結構な苦痛を

強いられております。日曜日って基本的にドコに

行っても人・人・人で必然的に家にいることになっちゃう

んですよねぇ。それにしても・・・こんなんじゃぁ5月の

あゆ友の結婚式に参加できないんじゃぁ・・・。

と心配しても始まらないし今更言うたところで状況が

変わるわけでもないのでさっさと京都観光の続きを

アップしていきたいと思います。

前回のブログでアップしたお寺の近くに、もう一つお寺が

あります。こちらも境内は無料で、ちょっと変わったお寺

さんなんです。

17309kyoto6

六道珍皇寺】さんです。ジモさんには「六道さん」と呼ばれて

いるそうです。こちらのお寺さんでお祀りされているのが

小野篁(おののたかむら)」と呼ばれる方で、世界三大

美女の1人、「小野小町」さんのお祖父様にあたる方です。

ナントこの方、お昼間は朝廷で帝の補佐をし、夜になると

あの世にある閻魔王庁で閻魔大王の補佐官をしていたと

言われている方なんです。あの世で働くタメにはもちろん、

あの世へ行かなくてはいけません。どうやって行っていた

のか?それはこちらになります。

17309kyoto4

赤く印を付けた中に井戸が見えますでしょうか?こちらの

井戸を通って冥土へと通っていたといわれているのです。

17309kyoto5

井戸は引き戸からのぞき見ることしかできません。

立ち入り禁止となってました。う~ん・・・やっぱりあの世

と関わりがあるからでしょうか?ちなみに、小野篁さんが

活躍していらっしゃった時代、この辺りは京の斎場だった

そうで、このお寺さんがある地域を境に東側は葬儀場

だったそうです。それも関係しているのでしょうかねぇ?

17309kyoto3

コチラの社には閻魔大王サマと小野篁さんが鎮座されてます。

向かって左側に閻魔様、右側に小野篁さん。覗き穴があり、

そこから中を見ることが出来ます。お盆になると、ご開帳

されるそうです。もちろん、春先なので扉は堅く閉ざされて

いました。一度夏にも訪れたいモノです。

17309kyoto2_2

ちなみにこちらが本堂になっております。中に入ることも

できるようですが、お金がいるみたいですね。もちろん、外

からも見ることができます(覗き穴より)。何だか閻魔様の

像があまりにも迫力がありすぎてそれに圧倒され、

本堂の中がおまけのように感じたあゆは罰当たりでしょうか。

余談ではありますが、このブログを書いている時に頭の中

から幽●白書の小閻●様や霊●探偵が離れませんでした。

もしかしてユ●スケのモデルって小野篁さんだったりして(笑)

|

« 古都に触れる@京都 | トップページ | アレがシャワーですよ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古都に触れる@京都 | トップページ | アレがシャワーですよ・・・ »