« 桜花 | トップページ | 黄色い絨毯 »

温故知新

こんばんは、あゆです。

昨日の雨でちょっと気温が下がった兵庫県南部。

桜もすっかり散ってしまい、あとは新緑の季節を

待つばかりとなりました。

さて、そんな暖かな春麗らかなる日にアップする

ブログの記事は・・・時期はずれな京都ツアーの

お写真です(笑)桜の咲く前の話ですのでそろそろ

ネタ的に熟成されしすぎてるかもしれません・・・。

京都と言えばやはり歴史的にも貴重な神社仏閣などが

有名ですが、何も古いものはお寺や神社だけではありません。

17309kyoto20

こちらは【京都府立図書館】さん。【京都国立近代美術館】の

横、【京都市美術館】のお向かいという、正しく「温故知新」

なエリアにあります。もちろん、図書館ということで、一般の

人たちもガンガン利用できます。そして、いっぱいの人が

中にいらっしゃいました。もしあゆの家の近所にこんな

ステキな図書館があれば、絶対入り浸ってると思います。

17309kyoto22

こちらはあまりにも有名、【南禅寺】さんにある【水路閣】。

いつ見てもこの和と洋の絶妙なコラボには脱帽します。

ホント、造った方は何百年後という未来の姿をも考え

て造ったのではないのか?と思うような代物です。

17309kyoto16

こちらは元醤油の製造蔵だったお店です。現在は

貴匠桜MATTAKU】さんという和風創作レストランに

なってます。中も自由に見学できるとのことだったのですが、

普通に営業されてる上、別に食べるわけでもないのに

悪いなと思い、入り口から見れた部分だけお写真を

撮りました。次回、機会があればぜひ行ってみたいお店の

1つです。きっと中もステキなんだろうなぁ

これら以外にも有名な町屋と呼ばれる京の長屋を改装

してお店をされてるところもいっぱいあります。

外国人に「なぜ日本人も京都に行きたがるの?」と聞かれた

ことがありました。確かに、外国の人からすると同じ国にも

関わらず、多くの日本人が訪れているのは不思議なのかも

知れません。そのときあゆは「欧米化、近代化してきた

現在の日本にとって、昔の風景や文化、知識に触れるという

のは新たな出会いでもあり、昔を懐かしむ癒しでもあるんよ」

と説明しました。ヨーロッパなどでは古城などがホテルや

レストランなどになっていたり、昔ながらの家がそのまま

現役で活躍していたりと正しく「温故知新」。この外国人の

知り合いも大いにあゆの考えに賛同してくれました☆

|

« 桜花 | トップページ | 黄色い絨毯 »

コメント

気持ちの癒し‥それが一番の理由と思います。
美しい物を求めるのは本能なのかも。
忙しない日本だけど、癒される物が共通に存在するっても良いですよね!

投稿: のら | 2009年4月20日 (月) 23時00分

>>のらサマ
 こんばんは、あゆです。
 ご訪問&コメント、ありがとうございます。

 やはり癒しは大切ですね!「心」が「亡くなる」と書いて
 「忙しい」と読む現代人。亡くならないようにするには
 リフレッシュが必要ですね☆これは万国共通な気がします。
 海外の古い教会や大聖堂なんか訪れるとクリスチャンでも
 ないのに気持ちが癒されていきますから

投稿: あゆ | 2009年4月23日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜花 | トップページ | 黄色い絨毯 »