« 『活字中毒』について | トップページ | 休んでます・・・ »

小さな親切、大きな幸せ

こんばんは、あゆです。

今日(正確には日付変わってるので昨日)、仕事場からの

帰りの電車にやっと歩き出した頃って感じの子供さんを

抱いた若い(あゆより年下っぽかった)お母さんが乗って

来られました。仕事帰りの電車だったので、電車内は

それなりに混んでいて、1つだけ空いてる席にお母さんが

その子供さんを座らせました。するとやっぱり抱っこが

良かったのか、少し愚図り始めて、仕方なしにお母さん

は子供さんを抱いた状態で座りました。座ってから

まもなく、最寄り駅に着いたよぉで、お母さんは下りる

準備をするため、子供さんを一端膝から降ろし、荷物を

まとめ始めました。すると今度は子供さんがまた愚図り

だして、お母さんに抱きついて、結局お母さんは最寄り駅

に着いたころくらいにやっと荷物をまとめ終えることが

できたのです。それでも扉が開いたときには荷物をまだ

手に持ってなくて、子供は愚図ってて、扉が開いてる

間に両手一杯の荷物を何とか持って、子供さんを抱き

上げて、電車を降りるという行動をしなければなりません。

で、苦肉の策として、お母さんは子供さんに子供さんの

着てたコートを着せるのではなく、子供さんに持たせて、

その間に手早く荷物を持つことにしたのです。が、

やっと歩き始めたくらいの子供さんにロングのコートは

負担が大きかったよぉで、きちんと掴めず、何度か

電車の床に落としてしまったんです。そぉこぉする間に

電車の中には扉が閉まる案内アナウンスが流れ

だしました。すると、その親子の横に座ってた高校生

らしき男の子がサッと子供さんのコートを拾い、

子供さんがコートを掴むところまで見て、今度は扉に

足をかけて、閉まるのを阻止しているのです。

何やかんやとあって、その親子は扉が閉まる前に

電車から降りることができたのですが、若い高校生の

しかも男の子がさりげなくそぉいった手助けをしている

のを見て、「まだまだ日本も捨てたもんやないな」と

おもいました本当にさりげなくやったので恐らく

そのお母さんはもちろん、他の方も気付いて

らっしゃらなかったと思います。そしてそんな行為を

さりげなく出来た彼を格好良いなと思いました

|

« 『活字中毒』について | トップページ | 休んでます・・・ »

コメント

うむ。

投稿: てっちゃん@自宅 | 2010年1月25日 (月) 22時21分

はじめまして!(ではないのですが)
初コメントさせていただきます。
良い話ですね。
読んでいて心が温かくなりましたよ。
自分はめったに電車には乗らないのですが
たま~に乗ったときにかぎって非常識な人達をみて
腹を立てる事が多く残念です。
しかし石川遼選手といい最近の若者は格好良い子が多いですね。
電車の彼は「さりげない王子」といったところでしょうか。

投稿: レッドマン | 2010年1月27日 (水) 18時22分

>>てっちゃんサマ
 うむ

>>レッドマンサマ
 こんばんは、初めまして。
 当るぅむの主「あゆ」と申します。
 初コメント、ありがとうございます返事が遅くて
 申し訳ありません(。>0<。)

 >たま~に乗ったときにかぎって非常識な人達をみて
 
 きっと「たま~に」乗るから気になるんだと思いますよ。
 毎日乗ってると非常識が常識になることがありますから
 そんな状況に慣れてしまうんでしょぉねぇ・・・。慣れてしまって
 自分でも気付かない内にそぉいった行為をしないよぉに
 気を付けるのが精一杯です。一番気になるのはiPodの音量でしょうか

投稿: あゆ | 2010年1月29日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『活字中毒』について | トップページ | 休んでます・・・ »