« お久しぶりです | トップページ | 制作開始? »

変身願望

こんばんは、あゆです。

またしても1ヶ月ぶりの更新です実は5月の末に一度

更新をしようとしたのですが、最後の最後まで書いて更新ボタンを

押した瞬間『エラーが発生しました。強制終了致します』の文字が・・・。

せっかく書いたのにぃとむかっ腹を立てたところで再び書くという

動力を失い、結局5月は1度だけの更新に留まってしまいました。

6月こそはと意気込みだけは十分のあゆです(笑)

さて、そんな6月一発目のアップの内容は【変身】です

去年の冬にも一度、あゆ友Cちゃんと体験したのですが、

今度は二の姫と一緒の体験でした☆

Cimg0917

何だか趣のある建物でしょ?京都の東山地区にあるにも関わらず、

観光地より少し離れているだけでとっても静かな住宅街にあります。

行ってきたのは【花風】さんという変身舞妓をさせてくれるお店です。

あゆは2回目、二の姫は初体験の舞妓さんです

行く前日に思い立ち、電話して予約を入れるという実にはた迷惑な

お客様だったあゆにも関わらず「何度もお電話かけてもろて

すみません」と実に丁寧な対応をして頂きました。いぇいぇ、

こちらこそ急に無理言うてすみませんでしたm(_ _)m

こちらのお店では行ってすぐに浴衣に着替えます。といっても

色浴衣ではなく、役者さんなどが楽屋でお化粧をするときに

来ているような簡易浴衣みたいなものです。それを着て、

髷を結って貰う(と言うか、かつらを装着してもらう)のですが、

その状態が実にほんまもんの舞妓さんみたいなんです

和化粧をほどこすので、おこしらえの状態はスッピンの上、

胸元がはだけたあられもない姿になっているのでさすがに

ネット上で公開できないのでしませんが、気になる方は

花風さんのHP上におこしらえの様子がアップされてます

のでそちらでご確認下さいませ。

Cimg1015

さて、どちらがあゆでしょう(笑)?

着付けが終わり、室内で写真撮影を済ませると、プランに

付いてる散策に出掛けます。以前あゆが変身舞妓をしたときは

八坂の塔の近くという観光名所だったので散策1時間の内、

約30分は「すみません、一緒に写真撮ってもらって

いいですか?」攻撃に費やされました。が、今回は観光客の

いない場所ということもあり、実に充実した散策を楽しめました。

その上、花風さんのスタッフさんがあゆと二の姫各1人ずつ

付いてくれたので2人一緒の写真が一杯友達同士でのみの

散策の場合、絶対どちらか1人の写真しかないんですよね(笑)

さすがにこの格好で誰かに「すみません、写真撮ってもらって

良いですか?」とは頼みにくいものがあります

Cimg0912

花風さんの近くに流れる白川はこんな感じです。

柳とのコントラストがなんとも言えませんね

上の写真は近くのお寺さんで撮ったものですが、この

白川沿いでも撮ることができます。もちろんあゆと

二の姫も写ってる橋の上で撮りました。それから

柳の下でも。やっぱり舞妓さん姿で柳の下で撮ると

モデルが多少・・・でも雑誌やパンフレットの一枚に

なります(笑)散策の後はお店に戻り、少しだけ

室内で写真を撮り、お着替えをすませて終わりでした。

今回、二の姫のお化粧を担当してくれたのは元舞妓さん。

あゆと二の姫の着付けをしてくれたのは現役の男衆さん

(男衆<おとこし>さんというのは芸舞妓の着付けを行う

花街で唯一の男性のお仕事です。7m弱にもなる「だらり」

という帯を締めるには力がいるんですねぇ)。皆さん実に

フレンドリーで、花街での生活や着物に込められる意味

なども親切に教えてくれます。やっぱりほんまもんを

ご存じの方の話は興味深いですね。また1つ、

新しいことを知った旅でした

|

« お久しぶりです | トップページ | 制作開始? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お久しぶりです | トップページ | 制作開始? »