« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

日本一のお城★

こんばんは、あゆです。

最近、ネットの繋がりを良くするため、我が家も遂に光

ネットを繋ぎました以前のと比べると雲泥の差で、快適に

ネット環境が・・・と言いたいところなのですが、あゆのパソコ

がそのハイスペックなネット環境に追いついていないという

辛い現実を目の当たりにイマドキ子供のおもちゃにも

ならない脅威の512MB世間ではテラなんていう

想像もつかないよぉなメモリのパソコが出回っていると

いうのに・・・。早く何とかしなければ・・・

先日、ひっっっっっっっっっっっさしぶりに姫路城

登ってきました。

Cimg1702

と言ってもお城自体は現在平成の大修理中で、見れない

のですが偶々近くまで行く用事があり、せっかくなんだし

ということで、この大修理を見てきました

Cimg1701

平成の大修理は5カ年計画なので、お城自体を見るのは

まだまだ先の話なのですが、その間、その修理の様子を

見られるよぉに【天空の白鷺】という施設がオープンしています。

普段見ることが出来ないお城の修繕を間近で見られるという

結構珍しい施設です。

Cimg1703

早速、入城料を払い、中へ。大天守の修理中は見学

ルートが通常の逆バージョンになります。また、安全の

関係上、以前は見られていた建物が立ち入り禁止に

なっていたり、反対に、今まで公開されていなかった

建物が期間限定で公開されたりしています。

その内の1つが「りの一渡櫓」です。何でも築城以来、

一般公開されていなかったとか中には取り外した瓦

などが展示されていました。中でも圧巻だったのがコチラ↓

Cimg1704

ズラリと並んだ甲冑の数々写真撮影OKだったのか

どぉかわかりませんが、外国の方がパシャパシャ撮られて

いたのでどさくさに紛れて撮りました。撮影禁止でしたら、

ルールを破ってしまい、申し訳ありません(人><。)

それにしても・・・ライトの加減で今にも動き出しそうな

感じに写りました。迫力があるというか、不気味というか。

さすがにここまで並んだ甲冑を見たことがないので

テンション上がりました(笑)

Cimg1706

姫路城と言えばコレ有名な「お菊井戸」です。

「はぁ何それ?そんなん知らんわ」とおっしゃる

方に簡単に説明すると、【播州皿屋敷】と言われる

怪談に出てくる井戸です(播州皿屋敷のお話は、

あゆが怪談の類がダメなので、リンク先にて確認を)。

実は、もぉ一枚、井戸の真上から撮った写真が

あったのですが・・・あまりにも怖くて削除しちゃいました。

実物は行かれてから見て下さい。案内人の方が

いらっしゃって、丁寧にお話の流れやらを教えて

くれますよ。

Cimg1711

そして、遂に天空の白鷺内へ施設内は冷暖房完備、

エレベーター完備で実に快適でした。特に、行った日は

暑くて、暑くて、施設内のベンチ(決して休憩用ではない)

でしばし休憩・・・。人が少なかったので誰にも咎められ

ませんでした。何てマナー違反なごめんなさいm(_ _)m

Cimg1712

施設の一番上からは姫路市南部が一望できます。

天気が良ければ、遠く瀬戸内海の島々まで見えます。

あゆが行った日は前日大雨だったため、曇っていた

にも関わらず、空気が綺麗だったので遠くの島まで

実によく見えました。

Cimg1714

そしてこちらが現在、瓦の葺き替え中の大天守閣の屋根

でございます。スゴイ、普通屋根って間近で見られない

ですよね。それが見られるなんて

Cimg1717

もぉ1つ下の階からは漆喰を取り外した壁み見られます。

姫路城の修繕は以前のモノは使えるモノは使うので、

取り外された漆喰は、また練り直されてこの壁に

塗られるそぉです。もちろん、瓦も同じだとか。

なので、新しくしつつも、400年前の流れは脈々と

次世代へと繋がれていっているのです。

ちなみに、天空の白鷺内では姫路城の歴史を

VTRにして流していました。実は明治時代の

廃城令により廃れる一方だったお城を市民が

「これではいかん!」と直し始めたのが、現代

の姿になっていくのだとかとか・・・その他諸々の

歴史を知ることが出来ます。もし行かれた際はぜひ

ジックリと聞いて見て下さいね

Cimg1721

施設を出ると後はもぉお城を出るだけです。

いつもとは違う逆ルート辿っていくと某将軍ドラマ

に出てくるアングルが飛び込んできます。

Cimg1722

そして、最後にこの有名な【姥が石】を見て、終了です。

分かりますか?【姥が石】。写真で写ってる真ん中の白い

石がそれです。言い伝えでは、羽柴秀吉(言わずと知れた

豊臣秀吉のことです)が現在姫路城がある姫山に城を

建てていた時、城の石垣の石がナカナカ集まらず、

困っていると、その噂を聞きつけたお婆さん(町で

煎餅を売っていたとか)が「こんなんでも役に立てば」

と石臼を差し出したところ、秀吉が大層喜び、石垣に

使ったそぉです。その話を聞いた人達が「それならば」

と挙って石を寄進し、無事に城が完成したのだとか。

泣ける話じゃぁ~ないですかちなみに、この姥が石

にちなんだ募金箱がお城のあちこちに見受け

られます。お城の修繕に使うらしいですよ★

いゃ~、それにしても久しぶりの姫路城でした。

地元だとやっぱりそぉ頻繁に行かないですからねぇ。

恐らく・・・幼稚園以来ぶりくらいでしょうか?

当時は特にアトラクションがあるわけでもないので、

暇で暇で仕方なかった記憶しかないのですが、

大人になって改めて行ってみると色んな歴史などが

知れて楽しかったです。皆様、機会があればゼヒ

行ってみて下さい

| | コメント (3)

初体験★

こんばんは、あゆです。

ご無沙汰しておりますm(_ _)m何とか生きております(笑)

早7月も後半に差し掛かって参りました。ココ最近

夏バテによるダイエットが出来にくくあることに気付きました

何とかして体重を元に戻したいと思う今日この頃です。

さて、先日、話題の某魔法少年物語の映画を見に行って

来ました。あゆはどちらかというと原作派なので、映画は

第三作品目を境に、見ていないのですが、今回、最終話という

ことで「せっかくやし・・・」と見に行って来ました、しかも3Dで

感想はというと・・・結構最終話って本の方では展開が目まぐるしく、

状況把握が難しかったのですが、映像化されることにより、

頭の中の整理ができた感じです。もちろん、イロイロと端折られた

場面もあるのですが、まぁ許容範囲内というトコでしょうか。

最終話の映画を見に行く寸前に一番古い第1話をDVDで見た

ので、主役の成長が見て取れ、「いゃ~、老けた・・・大きく

なったねぇ」とまるで親戚のオバチャンお姉さん的な心情に

なりました

何よりも感想に残ったのが「3Dって大したことないやん」という

ことです。あゆ的にもっと・・・こぉ・・・目の前に迫ってくる迫力

みたいなのを期待していたのですが、2Dでも特に問題ないかと。

プラス300円払って見る価値が果たして有ったのかと言われると

微妙なところですもちろん、あゆ的主観ですので、感じ方は

人それぞれかとは思うのですが。もぉ1つ、3Dで見たい映画が

7月の末に公開されるのですが、2Dで見ようか、3Dで見ようか

悩ましいところであります

もっと・・・【U●J】の『ターミ●ーター3D』みたいな感じを想像

していたのですが・・・

でも、エンドロールで3Dのスタッフのトコロに日本人の方の

お名前を発見したときは嬉しく思いました結構エンドロール

って見ていて面白いですよね☆あゆはガッツリ、エンドロール

まで見る派なので、洋画で日本人の名前を見かけると

妙に嬉しくなります

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »