« 自家焙煎珈琲-ロッキーの家- | トップページ | 砂のアート »

炊きたてご飯と卵

こんばんは、あゆです。

ついにゴールデンなウィークに突入ですね

接客業をしているあゆにとっては全く関係のない

連休なのですが、今回は同僚のシフトの関係で

ナントGW中に2日も休みがあるんです。ただ・・・

土日祝日に休み慣れてないあゆにとって、祝日の

休みはどこにも行けず、引きこもりになってしまうので、

あまり嬉しくないんですよねぇ平日に休んでると、

ドコに行っても人が一杯の休日なんて出掛ける気が

失せてしまいますね、ハイ。

さて、そんなGWに先駆け、どぉしても行きたいお店が

あり、1人でドライブに出掛けました☆前々回から続く

ドライブネタの最終話でございますよ。

Cimg1994

行ってきたのは【道の駅みなみ波賀】というところです。

去年だったか、一昨年だったか、あゆのブログで一度

登場しているので、2度目の登場になります。

目的はコチラ↓↓↓

Cimg1985

そぉ、大人気の「卵かけごはん」です。

え?何でワザワザそこまで行って卵かけご飯かって?

それはですねぇ・・・ご飯が・・・炊きたてだからです。

普通お店で卵かけご飯を頼むと、丼か何かに入った

白いご飯が出てきますよねぇ?そぉ、それが当たり前

なんですが、こちらのお店はナント1人用の釜で

オーダーが通ってから炊き、炊きたてのご飯を

提供してくれるのです。その代わり、約20分ほど

待たないとダメなんですけどね急ぎの方には炊いてある

ご飯で提供してくれるので、お店の方に言うとOKです。

Cimg1987

待ちましたよ、20分!!

気持ち的に1時間くらい待った気がしたんですけどね

あゆが行った時間は混雑を避けるため、14時前くらい

だったのですが、お昼真っ直中に行くと恐らくもっと

待たされると思います。だって、あゆが行った時、

そこかしこのテーブルに食べ終わった釜が片づけ

られずに残ってましたから。

Cimg1991

炊きたての銀シャリ( ̄ー+ ̄)

蓋を開けると香る炊きたてご飯独特の匂い

テンションマックスでございます

Cimg1992

卵は有機卵で、2つ付いてきます。

もちろん、卵かけご飯専用醤油も一緒に。薬味はネギとノリ。

あゆ、薬味は使わない派なので、お醤油だけかけて食べました。

黄身の色が若干薄くて「大丈夫?」なんて失礼なことを

思ってたのですが、食べてビックリ、味濃い!!

いゃ~、20分、待ったかいがありました

こちらの卵かけご飯、+220円で自然薯のとろろが追加

できます。とろろ大好き、自然薯サイコー!!のあゆは

自然薯を付けましたこちらも、専用の出汁醤油が付いて

くる贅沢な一品です。ご飯は丁度お茶碗3杯分くらいあり、

最初の2杯は卵で、最後の1杯はとろろでペロリと完食

片道2時間弱かけて行っただけの値打ちはありました

もし皆様、「GWどこ行く?」と考えてらっしゃるよぉでしたら、

ゼヒ一度行ってみて下さい。大勢で行くと待ち時間も

そぉ気にならないんじゃないでしょうか??

|

« 自家焙煎珈琲-ロッキーの家- | トップページ | 砂のアート »

コメント

あゆさんこんにちは~。休みの日晴れるといいですね!
凄い美味しそうな卵かけ御飯ですな、一度食べに行ってみようっと。

投稿: ワカ | 2012年4月30日 (月) 16時25分

 こんばんわです自宅でゆっくり拝見していてお茶碗3杯分くらいの御飯?
 吾輩は非常に小食で低燃費なのでお茶碗1杯で十二分です~食べたいけどどうしよ~。

投稿: わか | 2012年5月 2日 (水) 20時25分

>>ワカサマ
 ご訪問&コメント、ありがとうございます。
 お返事が遅れて申し訳ありません。

 何とか辛うじてお天気が保ちました!いゃ~、日頃の行い
 の所為でしょうかw?ゼヒ時間があれば行ってみて下さいね。

>>わかサマ
 ご訪問&コメント、ありがとうございます。
 すみません、いつもいつも返信が遅くて。

 お茶碗3杯分と言ってもお茶碗自体、そんなに大きくない
 ですよ。まぁあゆの写真を見る限りじゃ、かなり大きく
 写ってるのですがヾ(;´Д`A旅館とかで出てくるよぉな
 くらいのお茶碗で、男の方が普段使われてる大きめのお茶碗
 にすると・・・1杯強?1杯半?2杯弱?くらいじゃないか
 と思います。まぁ自称小食のあゆが食べられたくらいですから
 そんなに沢山じゃないと思って下さい。

投稿: あゆ | 2012年5月10日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自家焙煎珈琲-ロッキーの家- | トップページ | 砂のアート »