« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.2-i | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-i »

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.2-ii

こんばんは、あゆです。

シンガポールへ行く数日前から喉が痛くて、

「こりゃ風邪か!?」と風邪薬を早めに飲み始めました。

が、一向に良くならない・・・。というより段々痛みが

増してる気がして大きく口をあけて喉を見ると、

丁度のどちんこの横辺りに白い腫瘍があるでは

ありませんか。周りは赤くてジュクジュク・・・どっかで

見たことのある感じ・・・。そぉ、なんと口内炎だった

んです急いでネットで探すと、普通にある症状

とのこと。そりゃ風邪薬では治りませんよぉねぇ。

急いで薬局で噴射タイプの口内炎のお薬を購入。

2日ほどすると痛みが引き、前回のブログに載せた

超辛いインド料理も難なく食べることができました

いゃ~、無事に治ってよかったよぉと思っていると

またしても喉に違和感・・・。まさかと思い、覗いて

みると、またしてもニキビのよぉな突起物が・・・。

早々に口内炎の薬を噴射すると数日で治りました。

以前から口内炎のできやすい体質だったのですが、

治って1週間で同じ場所にできるよぉなことが今まで

なかったのでちょっと焦りました規則正しい生活と

口内の清潔を保ち、ビタミンBを採りながらしばらくは

やっていきたいと思います。

さて、前回の続きでございます。

リトルインディアよりホテルに帰ったあゆ達。時計を

見ると15:50。アラブストリートのメイン、サルタンモスク

の見学最終時間は16:00。はっきり言って間に合わない

でも、とりあえず行こうということになり、今度はタクシーを

利用してアラブストリートへ。

Cimg2312

入口の前まで行くと案の定クローズの看板が

どぉしよぉ、中見られない・・・と思っているとあゆママが

「え?中?あんま興味ないから別にエエわぁ。それより

お茶しょ。暑いし、しんどいし、足痛い」とのこと。

花より団子派のあゆ達親子ですので、街中をぶらぶら

しながらお店探し。アラブストリートはテキスタイルの町

としても有名で、布屋さんがそこかしこに。

やっとこさ見つけたいい感じのcafebarで休憩です

Cimg2313

マンゴーラッシーです。甘くて冷たくて、南国にはぴったりの

飲み物。あゆママは念願のマンゴージュースが飲めてご満悦

10月の末ということで、お店がハロウィーンのデコレーション。

テーブルの上のキャンドルホルダーがジャック・オ・ランタンと

いうのがカワイイ

本当はチャイナタウンも行きたかったのですが、あゆママの

疲れがピークに達していたこともあり、予定を変更して

マーライオンパークへ。

Cimg2316

お化粧直しが終わった直後だったのでとってもキレイ。

元気に水も吐き出していました(≧m≦)

ここまで来たならついでにとリバークルーズも。

本当は夜が良かったんですけどねぇ・・・。夜景がキレイと

聞いていたので。でもスパの予約が・・・仕方ありません。

Cimg2336
リバークルーズの船より見上げたマリーナ・ベイ・サンズ。

遠くから見てもデカかったけど、下から見上げると

より一層デカく見えます。

Cimg2343

マーライオンとザ・フラトンホテル。あゆが前回シンガポールに

来たときに持っていたガイドブックの表紙と全く同じ構図。

今回のガイドブックはマリーナ・ベイ・サンズでした。時の

流れを感じます。

Cimg2351

フラトンと言えば有名なこの像。『飛び込む子供』(命名あゆ)

何故こんなところにこんな像が?と未だに謎です。

Cimg2357

クラークキーにある有名な逆バンジー。夜になると

ライトアップされ、多くの観光客が楽しむそうです。

この時はまだ時間が早かったのか、動いてませんでした。

写真で見たことあるのですが、すっっっっごく楽しそうでした。

Cimg2358

カラフルな窓枠の建物も健在。警察署になったりと、

変わった遍歴を持つ建物です。そしてやっぱりカラフル

でした(笑)

Cimg2363
リバークルーズをした人しか見られない、真正面

からのマー様。ある意味特別ですが、やっぱり

横からのお姿の方が『らしい』ですね

と、マリーナ湾を一周したところで、終了。

時計を見ると良い時間だったのでホテルへ

帰ることに。マーライオンパークからリッツまで

歩いて15分ほどとガイドブックにあったので

歩いて帰ることにしました。というか、徒歩15分

のところにタクシーで帰るわけにもいきませんからね。

人工関節を足に入れてるあゆママはかなり大変そう

でしたが、まぁなんとかホテルへ到着。スパの時間

までちょっと時間があったので、クラブラウンジで

アペリティフを。すっかりくつろいだところで、スパへ。

2人してアロママッサージを60分受けました。

1人200Sドル(税・サ込)。もぉ身も心も解されました。

半分閉まりそうになる目を何とか開いた状態で

部屋まで帰り、そのままベッドへ。2日目も無事終了。

3日目はいょいょ話題のあのホテルへ

|

« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.2-i | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-i »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.2-i | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-i »