« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-iii | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 »

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.4

こんばんは、あゆです。

先日、あゆママと衣類の柔軟剤のコーナーに行きました。

何の気なしに良く聞くメーカーの商品を手に取り、どんな

香りか見てみると、実に抽象的な香りが書かれてるんです。

【スイートフローラル】とか【エレガントラグジュアリー】とか・・・。

一見してさっぱりわかりません。あゆが小さいころは【ローズの

香り】とか【シャボンの香り】とか見てなんとなくわかる香りの

表記だったのですが。おしゃれな感じにすると【スイート

フローラルの香り】になるんでしょうか??アナログ人間の

あゆからすると、以前のような分かりやすい表記にして

いただきたいと切に思います。

さて、シンガポール旅行記、ついに第4弾です。

いゃ~、長かったですねぇ。思いがけず第3弾が前中後の

三部作になってしまったので、思ってた以上に長ったらしい

ブログになってしまいました恐らく第4弾は短い(?)と

思うので、お付き合いお願いいたします。

シンガポール4日目、天候晴れ気温は最高32℃。

本日の目標はカトン地区と呼ばれる、日本でいうと小京都

みたいな、昔ながらのシンガポールの雰囲気が漂う地区へ

行くことと、もぉひとつのシンガポール名物【チキンライス】を

食べること。7年前のシンガポールでは両方ともしなかった

ことなので、これはあゆも楽しみにしていました

タクシーで走ること約20分、急に観光地化した街中から

庶民化溢れる風景にかわりました。

Cimg2450
可愛らしい街並みでしょ??西洋風の建物が長屋のように

軒を連ねて建っています。1階部分がお店で2階部分が居住区

となっています。今では1階も2階もお店っていうところもあります。

どこを歩いてもこんな感じで、まるで大きなおもちゃ箱の中に

入っているよぉな感じです。

Cimg2444
普段見慣れているコンビニも何だかカワイイ

どこを写真撮っても絵になる風景です。

Cimg2447
住宅街もカワイイ建物が並んでいて、アジアというより

まるで欧米のよぉな雰囲気でした。

ちなみに、【カトン地区】というのは中国の文化にマレーや

イギリスの要素を取り入れて生み出されたプラナカンと

呼ばれる伝統文化が色濃く残された場所です。

なので、建物は西洋風だけど、色使いが中華風なのです。

あゆは日程の関係上、このカトン地区にはほんの数時間しか

いなかったのですが、可能であれば1日充てたいくらい。

もぉ見るところがいっぱいあって、数時間じゃぁ全く足りません

でした。あゆママも「カトンに、もぉちょっと居りたかった」と

言うくらいですから。それだけ、建物も街中の風景も良かった

です。ガイドブックにはほんのちょっと、下手したら見開き

1ページで終わるよぉな紹介のされかたしかないのが

不思議でなりません。もし、行こうと計画を立ててらっしゃる

方がいらっしゃいましたら、ぜひ1日、歩きつくしてください。

本当にいい街です。リッツのドアマンの方もイチオシだと

おっしゃられていました。確かに、観光客というより、地元

の人向けぽかったです。

Cimg2460
そして、こちらがもう一つの目的地、【天天海南鶏飯】

です。かなり有名なチキンライスのお店さんで、

チャイナタウンにあるマックスウェル・フード・センターに

あるお店のカトン店になります。こちらは、ホーカー

ではなく、立派な一軒家(?)で、もちろん、エアコン完備。

あゆが最初に前を通ったときは11:00で、すぐに中へ

案内されそうになったのですが、さすがに早すぎ

で、11:30に予約して、街中散策に出かけました。

もし、有名店のチキンライスを食べたいと考えて

らっしゃる方、天天のカトン店、お勧めですよ(≧m≦)

ホーカーではないので、席の取り合いもないですし、

キレイです場所はジュー・チアットRd.沿いにあるので、

歩いているとわかると思います。ただし、英語が

できる人が少ないみたいです。最初に出迎えてくれた

おばちゃんはあゆが中国人と見えた(もぉ慣れっこです)

よぉで、中国語で話しかけてきました。で、あゆが

英語を話すと「ちょっと待って」的なことを言われて、

奥から別の女性の方が出てこられました。

この方は英語も話せるらしいのですが、恐らくあゆと

同レベル(中学校卒業レベル)と見受けられました。

Cimg2459
店先に吊るされた鶏さん。こちらのお店はスチームか

ローストか選べます。チキンライス初挑戦のあゆは

とりあえず、王道のスチームを頼みました。

もし、茹でた鶏肉が苦手な方はローストを頼んでください。

Cimg2458
さぁ、お待ちかねのチキンライスです

お好みでチリソースなんかを付けて食べます。

もちろん、この状態で食べてもめちゃウマ( ̄ー+ ̄)

これ、めちゃくちゃ美味しい結構な量があったのですが、

あゆはペロリと完食。あゆママは量が多かったため、

最後の二口ほどが残ってしまいました。一緒に付いてくる

スープもかなりの絶品。恐らく、鶏を炊いたときに使った

スープを使っているのだと思うのですが、あっさりしてる

のに、味がしっかりしました。暴飲暴食の翌日とかに

飲みたい感じでした(笑)

チキンライス、中国茶が各2つで、合計11.20ドル

安っ!!(1Sドル≒67円)

あゆが入った11:30ごろはあゆ達の貸切だったのですが、

12:00が過ぎるころには店内の8割が埋まってました。

それ以外にもお持ち帰りなんかもあって、さすが有名店

なだけはあるなぁと思いました。

さっさと来て、さったと食べて、さっさと帰る。混まずに

ラッキーってところです。

これ以外にも、写真は撮ってないのですが、数々の

雑貨屋さんや、食べ物屋さんがありました。

あゆはリッツからタクシーで112カトンという

ショッピングモールを目指して来て、そこを拠点に

街中をぶらり歩きしました。大きい建物なので、

タクシーの運ちゃんも知っているし、目立つので

実に便利なランドマークです。それから、あゆが持ってる

ガイドブックには【112カトン】の読み方が「アイ・

ワン・トゥー・カトン」と載っていたのですが、現地の

方はみなさん、「ワン・ワン・トゥー・カトン」とおっしゃられ

てました。リッツのドアマンも、タクの運ちゃんも。

なので、行き先を言うときは「ワン・ワン・トゥー・カトン」

と言われる方が良いかもしれません。

|

« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-iii | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.3-iii | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 »