« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~ガイドブック編~

こんばんは、あゆです。

さてそろそろ12月も終わりですね。ということは、今年も

終わりということです。なのに・・・風邪をひいてしまいました

お正月までに治ることを切に願います(>人<*)

さて、もぉ遅いと思うのですが、シンガポール旅行記番外編、

ガイドブック編です。今回、まったくの自由旅行だったので、

どんなガイドブックがあるのかなぁとイロイロ見て回りました。

結構あるんですねぇ、ガイドブックって。

Cimg25272
最近じゃぁ図書館なんかでも最新のガイドブックが

見られるんですねぇ。便利な世の中になりました。

では、あゆが独断と偏見で見たそれぞれのガイドブック考を。

1)RAVEL DAYS SINGAPORE(トラベルデイズ シンガポール)
  各エリアの街歩きモデルコースがあり、目安の移動時間も
  付いていて、歩いて行動しよぉと思ってらっしゃる方には便利。
  建物の説明も詳しく載っていたので、ガイドなしでも十分堪能
  できます。お店もカフェ、レストラン、ショッピングモールと
  小さなお店から大型店舗まで載っているので、ショッピング
  好きにもお勧めです。街中地図は切り離して持ち歩くことが
  出来る為、カバンの中はできるだけ軽くしたい人には良いかも。
  あと、スマホ対応アプリ付きなのでスマホユーザーの方には
  お勧めかも。あゆはスマホじゃないので、使っていないのですが。
  地図をダウンロードできるらしいですよ。

2)地球の歩き方 シンガポール 2012~2013年版
  言わずと知れた海外ガイドブックの代名詞。街中のことは
  もちろん、文化や歴史、政治なども網羅した逸品。地図は
  細かく、どんな道も基本名前入りで載っているため、
  街歩き好きには絶対お勧め。ただ、思った以上にお店情報
  が少ないのがネックまた、重要度の高い情報が欄外に
  あり、見落としたりすることも。早めの段階で購入し、熟読
  するのがお勧め。あと、観光に関係ないところも結構含まれて
  いたりするので、持ち歩くのが意外と邪魔です(笑)

3)TRAVEL STYLE passport シンガポール パーフェクトトリップ
  雑貨屋さん巡りやカフェ巡りが好きな人向け。
  小さなお店から有名店まで紹介。各エリアの案内では
  これが一番良かったかも?ただし、大きなショッピングセンター
  や詳しい説明ではちょっと物足りない感じが。厚さも先の2つ
  に比べると1/3くらいの厚み。軽いので持ち歩きにはお勧め。

4)タビトモ シンガポール
  コンパクトにまとまったガイドブック。小さなお店より大型
  ショッピングセンターや有名店などが主で、街歩きや隠れ家
  探しにはちょっと物足りない気が。行く場所は有名なところ
  だけで、あまり街歩きをする予定がないという方には十分かと。
  ところどころに載ってる【実践カンタン英会話】が何気に
  役立ちそうなのがミソです(笑)

4のタビトモだけ、2009年発行と古いのですが、後は全部

最新版です。で、あゆが選んだのは1のトラベルデイズの

シンガポール。理由は一番新しい情報だったから。

特に、いつ行っても何かしらの改修工事を行ってる

シンガポールですから、情報は新しければ新しいほど良いのです。

ただ、街歩きにはやっぱり地球の歩き方に敵うモノはないと

思いました。ちょっとでも横道や路地に入ろうものなら、

今自分がどこにいるのかさっぱりわかりませんでした(;´▽`A``

まぁあゆがあまり地図が読めないというのもあるのですが・・・。

ただ、地球の歩き方の発行が2011年12月23日であるのに

対し、トラベルデイズは2012年8月発行。記載内容には約

6ヶ月強くらいの差がありました。さっきも言いましたが、

シンガポールは常に発展しております。半年違えば施設が

オープンしていたり、閉館時間が違ったりします。まぁ要は

自分が何を目的としてガイドブックを購入するかということ

だと思います。あゆはイロイロ見て、結局「似たり寄ったりの

内容やから、一番新しい情報のものにしよう」と決めました。

別に本屋さんで買わなくても、図書館で借りることができたり

しますので、イロイロ吟味してから買われることをお勧め

します。

| | コメント (2)

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~写真集~

こんばんは、あゆです。

12月も中旬、そろそろ忘年会のシーズンですねぇ。

今年は仲間内がイロイロと忙しそうなので、忘年会は

無しということになったあゆにとってはどぉでもエエ

状態なんですが(笑)新年会に期待!ってところです。

さて、シンガポール旅行記番外編第二弾です。

写真集ということですが、たくさん撮った写真の中より

ブログの内容の流れ上、使わずじまい、でもあゆ的に

気に入っているという写真たちを選んでみました。

例えば・・・

Cimg2291
お風呂から見たMBS。シンガポールの国花である蘭は

ホテルの至る所で見かけます。ちなみに、お風呂には

スピーカーが付いてて、部屋で点けてるテレビの音が

聞こえます。と言っても、日本語はNHK衛星だけですが。

朝風呂も優雅で良いですし、夜は夜景も見えます。

いゃ~、贅沢なバスタイムだ

Cimg2333_2
MBSのサンズスカイパークにいる人々。

下から見上げるときちんと人が見えます。カメラの望遠

を使うと男性女性もわかるかも??特に意味がある

わけでもないのですが、どアップで撮ってみました(笑)

Cimg2407
MBS内で見つけたアトムくん。壁に置かれてたので

恐らく誰かが忘れて行ったか、置いて行ったものでしょう。

ポツンとこれだけがあって、思わずパシャリッ

大勢のガードマンさんがいらっしゃって、あまりジロジロ

見ていると変に思われるかもと思い、ノールックシャッター

で撮りました。マクロで撮ったので、出来がどぉかなぁと

思っていたら思わず良い写真がどこかで使おうと思って

たのですが、ブログの本記事内では挟みどころがなく、

今回の番外編で。やっと日の目を見たのね

Cimg2456
シンガポールの街中にはこぉやって色んなところに神棚(?)

があります。しかも、きちんとお供えやお線香なんかもあって、

お参りされてる方もいらっしゃいます。日本でいうところの

お地蔵さんみたいな感じなんですかねぇ??カトン地区にて。

Cimg2451
アンティーク屋さん。アジアンアンティークが溢れ

かえってました。あゆが前を通ったときも、お客様が

何人かいらっしゃって、何やら物色中・・・。

アンティーク好き、雑貨好きには堪らないお店さんです。

あぁ、こんなお店があゆの住んでる近所にもあれば

良いのに・・・。と思いました。あゆママが「入る?」と

聞いてくれたのですが、入って気に入ったものを見つけて

しまっても買えないかも(持って帰れないかも)しれないと

、断腸の思いで後にしました。うぅ、見たかったよぉ~

Cimg2463
高島屋シンガポールのローズちゃん(女の子)。振袖です

Cimg2464
もちろん、男の子も。こっちは紋付き袴両方とも正装ですね。

あゆの住んでる兵庫県には高島屋がなく、あまり馴染みが

ないのですが、高島屋に行けば、撮りたいなと思ってた

マスコットちゃんです。偶々見つけたので記念にパチリ

撮ったは良いけど、本編で使うとこなしだったので、こちらに。

カヮュィですねぇちなみに、高島屋シンガポール、アホほど

人がいました・・・。大きなデパートなので、それだけでも

人が多いと思うのですが、なんせ休日・・・。ヤバかった。

タクシーもめちゃ混み土日はもっとすごかったです・・・。

あゆママと二人して「もぉエエね」と言いました。というか、

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズにもたくさんの

ブランドショップが入ってたので、こちらで事足りました。

まぁ話のネタに行ってみたいのですが・・・。

やはり、オーチャードの休日、凄かった()´д`()ゲッソリ・・・

さぁ、いょいょ次の番外編がラストになります!・・・多分ね(笑)

| | コメント (0)

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~ホテル編~

こんばんは、あゆです。

一気に寒くなりましたね北の方では雪も降り始めて

いるみだいです。今年の冬も雪がいっぱい降る

のでしょうか??

さて、シンガポール旅行記の番外編第一弾です。

第一弾はホテルです。今回あゆがお世話になったのは

Cimg2433
THE RITZ-CARLTON MILLENIA SINGAPORE】です。

高級ホテルのひとつで、きっと日本だと利用しない

だろぉなぁと思って、今回、海外旅行で思い切って

滞在しちゃいました。しかもクラブラウンジ利用で

Cimg2326
外観の写真を全く撮っていないことが帰国後判明

リバークルーズ時、船から撮った写真が唯一まともに

写ってたので、こちらで確認を(向かって一番右)。

ユニークな建物の形が多いシンガポールでは比較的

普通なタイプ。このホテルの31階(最上階が32階なので

その1つ下です)の端っこがそぉです。

Cimg2469
ハイクラスホテルのひとつですので、もちろん、ドアマンや

ポーターが大勢玄関にいます。超庶民のあゆにとって、

一々ドアを開けてもらって、声を掛けてもらうというのは

何やらテンパってしまいますそんな玄関を抜けると

すぐに開放的なホールが広がっています。ちなみに、

玄関入るとそこは3階になります。このホールには

下へと続く階段があるのですが、滝が流れていて

とっても清涼感たっぷりです。

Cimg2468
こちらが、アフタヌーンティーなどで有名なチフリーラウンジです。

正面に写ってる黄色いアートがどぉしてもバナナにしか

見えなかったあゆ・・・。芸術センスの無さを痛感いたしました(笑)

写真では写っていないのですが、このすぐ横には日本人

専用デスクがあり、基本、日本人のスタッフさんがおられます。

が・・・あゆは2度ほどしかお見かけしておりません。一度

電話したことがあったのですが、そのときも繋がらず・・・。

ラウンジのすぐ横がロビーとなっております。こちらの

カウンターには大勢のスタッフさんがいらっしゃいますので、

よっぽどのピーク時じゃないかぎり、すぐに対応してくれます。

先ほどの日本人デスクに誰もいらっしゃらなければ、こちら

のフロントで【Could you call for a Japanese-speaking staff,

please?】というと無線で呼び出してもらえます。

もしくは、外国人スタッフさんに「スコシナラダイジョブデス」

と言われます。あゆは今回チェックインもアウトも別で

したので、混み具合なんかがいまいちわからないのですが、

一度朝に行ったときは大勢のお客様でごった返してました。

でも、手慣れた感じで、サクサク作業されてたので

スムーズに流れていたと思われます。今回、あゆの専属

ガイドだったAlexさんは、こちらのフロントまでついてきて

くれました。で、日本人スタッフの方に引き合わせて

頂き、その方の案内で31階までエレベーターで一気に

上がり、31階に着くと外国人のスタッフさんが

出迎えてくれて、この方が部屋まで案内してくれました。

Cimg2285
お部屋は高層階ですが、一番スタンダードなタイプ

だったんじゃないかなぁと思います。でも結構広い。

10日以上の一番でっかいスーツケースを2つ

同時にオープンすることができましたので。で、ここで

チェックイン手続きです。・・・一番通訳さん(?)が

欲しいときに日本人、もしくは日本語がわかる人が

居なかった・・・。今欲しかったのに・・・。

あゆ的はすっかりロビーで終わってたと思ってたの

ですが、クラブラウンジの特典として、お部屋での

チェックインが付いてたみたいなんですねぇ。

良いのやら、悪いのやらもちろん、諸々の説明、

案内は英語。半分分かったよぉな、分からんよぉな。

まぁ結局問題なかったところを思えば、普通に使って

れば特に問題がないということでしょ。

部屋にはエスプレッソマシーンもあったのですが、

あゆは結局使わずじまい。基本ラウンジで過ごしてた

のであまり部屋でってことがなくて冷蔵庫もきちんと

付いてましたし、空きもそれなりにありました。

どこかのホテルみたいに開けるだけで課金される

わけじゃないみたいですが、取ると課金されるみたいな

ことを言われたので、冷蔵庫も使わずじまい。もしかしたら

あゆの聞き間違いかもしれないのですが、飲んでもいない

のを動かしたからってだけでお金取られるとアホらしい

ので(笑)ちなみに、ラウンジで出される冷たい飲み物は

冷たくないです(笑)氷も入ってないですし、冷やされても

なかったです。向こうはあまり冷やしたりしないのかなぁ?

Cimg2465
お部屋からの風景です。どぉですかこの眺め

あゆがこのホテルに決めた理由が、この眺望です。

行った時期が雨季に入ってたので、下手したらあんまり

出歩けないかもと思い、部屋からでも楽しめるところをと

思ったのです。一瞬MBSに泊まろうかとも思ったの

ですが、どちらかというと、泊まるより見るほうかなと。

というか、絶対人が多くて死にそうになるだろぉと

思って(笑)ある意味リッツにして正解でした。

なんてたって、夜になると・・・

Cimg2296
こんな夜景が独り占め(正確にはあゆママと二人占め)

できるんですから

Cimg2287
テーブルの上にはウェルカムフルーツが

でも食べたのは写ってるマスカット(かな?)と

写ってないレッドグローブ(かな?)のブドウだけ。

フォークとナイフが置いてあったのですが、桃は

持っただけで硬いと分かる代物で、ドラゴンフルーツ

はわざわざ食べたいと思うほど好きなわけでも

なく、オレンジもナイフで切るほど・・・ということで、

大半が残ってしまいました。もったいなかったなぁ。

でも、結局、桃は硬いまま下になってた部分から

茶色く変色してきました。

Cimg2289
そして、こちらがかの有名な【世界で最もセクシーな

バスタブ】のひとつです。そして夜になると・・・

Cimg2298
こんなのが見れまぁ~す(と言っても、この写真は部屋から撮ったものなんですが・・・)

某車屋さんの番頭さん曰く「これは女2人で見るもん

ちゃうやろ」と言われました。全くその通りですね

MBSにも歩いて10分ほどで着きますし、マーライオン

パークからは徒歩20分もあれば着きます。ホテルの裏手

にはミレニアウォークやパルコ、サンテックシティーモール

など、ショッピングセンターもたくさんあるし、タクシーは常に

停まってるし、スタッフさんも、笑顔で素早い対応だし、

どの人も『今からどこに行かれるんですか?』と聞かれて

答えると、『近くにある●●ってカフェが有名ですよ』とか

プチ情報を教えてくれるし、『こんなお土産探してるん

ですけど、どこで買えますか?』と聞くと今からどこに

行くのか聞かれ、それに合わせてどこにお店があるか

など、細かく押してくれて、本当に充実した滞在を

することができました。ターンダウンのときなんて、

一度断ったときは両手に溢れるほどリッツチョコ(めちゃウマ)

をくれました。チョコホリックのあゆママは大事そうに

一粒一粒食べてました今回の旅で、このホテルを

選んだのですが、ブログなどで書かれてるホテルは

大半がMBSで、情報がほとんどありませんでした。

やはり流行りですし、新しいですし、話題があるので

MBSを選ばれる方が多いよぉです。でも、あゆは

立地条件、スタッフ、コスパの面などから見ても

選んで損のないホテルだと思います。そして何より

MBSより人が少ないのが良い!!MBSはあれだけ

巨大なホテルですから、収容人数からして違う

んでしょうねぇ。また、今回、クラブラウンジの利用

が良かったです。1日5食の軽食が付いてくるのが

何よりですね。アフタヌーンティーだって、チフリー

と同じのが押し合いへし合いせずにゆったりと

食べることができるんですから機会があれば

また泊まりたいと思わせる、良いホテルでした

| | コメント (2)

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5

こんばんは、あゆです。

12月になりました。無事、あゆも2●歳を迎えることが

できました。刻一刻と大台が見えてきております。

さて、シンガポール旅行記もついに最終回を迎えました。

最終日の5日目は夜の20:00にお迎えが来るので、

それまで自由行動です。まぁ特に行くところもないので、

あゆママたっての希望で【ホーランド・ヴィレッジ】に

行くことに。目的はホーランド・ヴィレッジにあるショッピング

センター【ホーランド・ロード・ショッピング・センター】。

エスニック雑貨を中心に、アジアらしい小物が手に入るのです。

が、残念ながらお写真関係は一切ありません(笑)ぶっちゃけ、

ショッピングセンター以外、カフェとかレストランとかしかなくて、

特に写真を撮るところもなく・・・。今になって思うのはもう少し

色んなところで写真を撮っていればよかったかなぁと思います。

どぉやらあゆママの思い描いていたアジア、シンガポールらしい、

小物が手に入りかなりご満悦だったよぉで、「ママはもぉ満足

したから、あとはあゆに付き合うわ」とのこと。

後は軽く買い物でもして時間をつぶすかということになり、

一旦ホテルへ戻り、今回の旅行で散々お世話になった

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズへ。

話題の【逆噴水】を見に行きました。

Cimg2473
天井から水が落ちてくるのですが、結構な迫力でした。

周りにはカフェがあり、お茶をしながら見ることもできますし、

ゴンドラに乗って、間近で見ることもできます。

Cimg2477
逆噴水の出口です。ここから、中央の穴にむけて、水が出て、

下に流れ落ちるという仕組みです。まぁ上から見ても特に

面白いわけではないので、逆噴水は下から見るのがお勧め

かと思われます。

Cimg2479
先ほどの逆噴水の噴射口からはマリーナ湾の対岸が

見渡せます。マー様の写真はアホほど撮ったので、

もぉ一つの象徴、エスプラネードです。その形から

別名、ドリアンとも言われているそうです。確かに

そぉ見えますねぇその後ろにそびえ立つビルは

【スイソテル・ザ・スタンフォード・ホテル】です。

あゆが最初に行ったときはシンガポールで一番

(建物が)高いホテルと言われたのですが、今は

どぉなんでしょうか??よくよく見ると聖アンドリュース

教会も写ってますね。今回もシティ側にはほとんど行って

ないので、写真が全くないのですが、コレで事足りる

感じがします。

あゆが写真を撮っているとあゆママが「そろそろお茶せん?」

というのでかの有名なTWGでお茶をすることに。

Cimg2431
フォンダンショコラです。写真で見る限りじゃそこまで

わからないかもしれませんが、かなりの大きさです。

フォンダンショコラというより、ザッハトルテに近い

感じのチョコレートケーキでした。2/3くらいを食べた

ところで結構いっぱいいっぱいにでもチョコ好き、

ザッハトルテ好きのあゆとしては、残すなんて

もったいない!とケーキは完食。アイスもバカデカ

かったのですが、アイスまでは無理でした

両方ともめっちゃ美味しくて、ケーキが甘かっただけに

紅茶がめちゃくちゃ美味しかったです。流石TWG

ちなみに、隣の席にいたカップルの男性が同じのを

頼んで、半分でギブアップされてました(笑)確かに

甘党ではない男の方には結構厳しいものがあるかと

お腹もいっぱいになったので、残りのお土産を物色

しつつ、時間が来たので、ホテルをチェックアウト。

それでも時間があったのですが、ホテルのクラブラウンジ

を使えるとのことだったので、20:00ぎりぎりまで

ラウンジで過ごしました。今回、ちょっと張りこんで

クラブラウンジ利用のツアーで行ったのですが、かなり

便利でした。専用車の歓送迎ももちろん、部屋での

チェックイン、クラブラウンジでのチェックアウトなど、

待たなくてもすぐに対応してもらえることが多かったです。

無事に専属ガイドのAlexさんとも会えて、搭乗時間の

3時間前くらいには空港に到着。Taxの払い戻しの手続き

もAlexさんがしてくれ、飛行機のチェックインもしてくれ、

本当に至れり尽くせり(≧m≦)深夜出発の飛行機なので

まだ時間があり、お金も結構残ってたので空港で

普段は買えない高級チョコレートを購入し、定刻通り

離陸。案の定ひどいむくみにあい、寝れずじまい

やっとうとうとし始めたらCAさんに「朝ごはんです」と

起こされ・・・。毎回このパターンなんですが・・・。

Cimg2481
食べたのは紫ごはんを二口ほど。後はオレンジジュースと

緑茶を口にして終わりでした。あゆママが「食べへんのやったら

言うてよ!カップケーキとフルーツ食べたのに!!」と言われ

ました。そのまま返しちゃったんですよねぇ、あゆ

もちろん、あゆママは朝ごはん完食。さすがあゆママ。

Cimg2483
そして、無事帰国。シンガポール航空のパイロットさん、

めちゃくちゃ操縦の上手い人でした。行きも帰りも。

着陸するときの衝撃がほとんどなかったんです。こんなの

初めてで、ビックリしました。憧れの航空会社にしては

そこまで期待するものじゃなかったのですが、パイロットさんの

上手さには脱帽でした。快適な空の旅、ありがとうございました。

以上で、シンガポールへの旅、終了となります。

が、あと何回か番外編があります。そちらも引き続き、

よろしくお願い致します。できれば冬休み前にアップし終えて、

冬休みに旅行に行こうと考えてらっしゃる方の参考にでも

していただければ嬉しいなと考えております

| | コメント (2)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »