« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~写真集~ »

シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~ホテル編~

こんばんは、あゆです。

一気に寒くなりましたね北の方では雪も降り始めて

いるみだいです。今年の冬も雪がいっぱい降る

のでしょうか??

さて、シンガポール旅行記の番外編第一弾です。

第一弾はホテルです。今回あゆがお世話になったのは

Cimg2433
THE RITZ-CARLTON MILLENIA SINGAPORE】です。

高級ホテルのひとつで、きっと日本だと利用しない

だろぉなぁと思って、今回、海外旅行で思い切って

滞在しちゃいました。しかもクラブラウンジ利用で

Cimg2326
外観の写真を全く撮っていないことが帰国後判明

リバークルーズ時、船から撮った写真が唯一まともに

写ってたので、こちらで確認を(向かって一番右)。

ユニークな建物の形が多いシンガポールでは比較的

普通なタイプ。このホテルの31階(最上階が32階なので

その1つ下です)の端っこがそぉです。

Cimg2469
ハイクラスホテルのひとつですので、もちろん、ドアマンや

ポーターが大勢玄関にいます。超庶民のあゆにとって、

一々ドアを開けてもらって、声を掛けてもらうというのは

何やらテンパってしまいますそんな玄関を抜けると

すぐに開放的なホールが広がっています。ちなみに、

玄関入るとそこは3階になります。このホールには

下へと続く階段があるのですが、滝が流れていて

とっても清涼感たっぷりです。

Cimg2468
こちらが、アフタヌーンティーなどで有名なチフリーラウンジです。

正面に写ってる黄色いアートがどぉしてもバナナにしか

見えなかったあゆ・・・。芸術センスの無さを痛感いたしました(笑)

写真では写っていないのですが、このすぐ横には日本人

専用デスクがあり、基本、日本人のスタッフさんがおられます。

が・・・あゆは2度ほどしかお見かけしておりません。一度

電話したことがあったのですが、そのときも繋がらず・・・。

ラウンジのすぐ横がロビーとなっております。こちらの

カウンターには大勢のスタッフさんがいらっしゃいますので、

よっぽどのピーク時じゃないかぎり、すぐに対応してくれます。

先ほどの日本人デスクに誰もいらっしゃらなければ、こちら

のフロントで【Could you call for a Japanese-speaking staff,

please?】というと無線で呼び出してもらえます。

もしくは、外国人スタッフさんに「スコシナラダイジョブデス」

と言われます。あゆは今回チェックインもアウトも別で

したので、混み具合なんかがいまいちわからないのですが、

一度朝に行ったときは大勢のお客様でごった返してました。

でも、手慣れた感じで、サクサク作業されてたので

スムーズに流れていたと思われます。今回、あゆの専属

ガイドだったAlexさんは、こちらのフロントまでついてきて

くれました。で、日本人スタッフの方に引き合わせて

頂き、その方の案内で31階までエレベーターで一気に

上がり、31階に着くと外国人のスタッフさんが

出迎えてくれて、この方が部屋まで案内してくれました。

Cimg2285
お部屋は高層階ですが、一番スタンダードなタイプ

だったんじゃないかなぁと思います。でも結構広い。

10日以上の一番でっかいスーツケースを2つ

同時にオープンすることができましたので。で、ここで

チェックイン手続きです。・・・一番通訳さん(?)が

欲しいときに日本人、もしくは日本語がわかる人が

居なかった・・・。今欲しかったのに・・・。

あゆ的はすっかりロビーで終わってたと思ってたの

ですが、クラブラウンジの特典として、お部屋での

チェックインが付いてたみたいなんですねぇ。

良いのやら、悪いのやらもちろん、諸々の説明、

案内は英語。半分分かったよぉな、分からんよぉな。

まぁ結局問題なかったところを思えば、普通に使って

れば特に問題がないということでしょ。

部屋にはエスプレッソマシーンもあったのですが、

あゆは結局使わずじまい。基本ラウンジで過ごしてた

のであまり部屋でってことがなくて冷蔵庫もきちんと

付いてましたし、空きもそれなりにありました。

どこかのホテルみたいに開けるだけで課金される

わけじゃないみたいですが、取ると課金されるみたいな

ことを言われたので、冷蔵庫も使わずじまい。もしかしたら

あゆの聞き間違いかもしれないのですが、飲んでもいない

のを動かしたからってだけでお金取られるとアホらしい

ので(笑)ちなみに、ラウンジで出される冷たい飲み物は

冷たくないです(笑)氷も入ってないですし、冷やされても

なかったです。向こうはあまり冷やしたりしないのかなぁ?

Cimg2465
お部屋からの風景です。どぉですかこの眺め

あゆがこのホテルに決めた理由が、この眺望です。

行った時期が雨季に入ってたので、下手したらあんまり

出歩けないかもと思い、部屋からでも楽しめるところをと

思ったのです。一瞬MBSに泊まろうかとも思ったの

ですが、どちらかというと、泊まるより見るほうかなと。

というか、絶対人が多くて死にそうになるだろぉと

思って(笑)ある意味リッツにして正解でした。

なんてたって、夜になると・・・

Cimg2296
こんな夜景が独り占め(正確にはあゆママと二人占め)

できるんですから

Cimg2287
テーブルの上にはウェルカムフルーツが

でも食べたのは写ってるマスカット(かな?)と

写ってないレッドグローブ(かな?)のブドウだけ。

フォークとナイフが置いてあったのですが、桃は

持っただけで硬いと分かる代物で、ドラゴンフルーツ

はわざわざ食べたいと思うほど好きなわけでも

なく、オレンジもナイフで切るほど・・・ということで、

大半が残ってしまいました。もったいなかったなぁ。

でも、結局、桃は硬いまま下になってた部分から

茶色く変色してきました。

Cimg2289
そして、こちらがかの有名な【世界で最もセクシーな

バスタブ】のひとつです。そして夜になると・・・

Cimg2298
こんなのが見れまぁ~す(と言っても、この写真は部屋から撮ったものなんですが・・・)

某車屋さんの番頭さん曰く「これは女2人で見るもん

ちゃうやろ」と言われました。全くその通りですね

MBSにも歩いて10分ほどで着きますし、マーライオン

パークからは徒歩20分もあれば着きます。ホテルの裏手

にはミレニアウォークやパルコ、サンテックシティーモール

など、ショッピングセンターもたくさんあるし、タクシーは常に

停まってるし、スタッフさんも、笑顔で素早い対応だし、

どの人も『今からどこに行かれるんですか?』と聞かれて

答えると、『近くにある●●ってカフェが有名ですよ』とか

プチ情報を教えてくれるし、『こんなお土産探してるん

ですけど、どこで買えますか?』と聞くと今からどこに

行くのか聞かれ、それに合わせてどこにお店があるか

など、細かく押してくれて、本当に充実した滞在を

することができました。ターンダウンのときなんて、

一度断ったときは両手に溢れるほどリッツチョコ(めちゃウマ)

をくれました。チョコホリックのあゆママは大事そうに

一粒一粒食べてました今回の旅で、このホテルを

選んだのですが、ブログなどで書かれてるホテルは

大半がMBSで、情報がほとんどありませんでした。

やはり流行りですし、新しいですし、話題があるので

MBSを選ばれる方が多いよぉです。でも、あゆは

立地条件、スタッフ、コスパの面などから見ても

選んで損のないホテルだと思います。そして何より

MBSより人が少ないのが良い!!MBSはあれだけ

巨大なホテルですから、収容人数からして違う

んでしょうねぇ。また、今回、クラブラウンジの利用

が良かったです。1日5食の軽食が付いてくるのが

何よりですね。アフタヌーンティーだって、チフリー

と同じのが押し合いへし合いせずにゆったりと

食べることができるんですから機会があれば

また泊まりたいと思わせる、良いホテルでした

|

« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~写真集~ »

コメント

 あゆさんこんばんわ最高の夜景の部屋ですね次回は新婚旅行で実現できると最高にいいですね~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: わか | 2012年12月 9日 (日) 19時08分

>>わかサマ
 コメント&ご訪問、ありがとうございます。

 大体夜景とは女同士で見るもんじゃないですよね(笑)
 ぜひステキな人と見たいものです。

投稿: あゆ | 2012年12月10日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニア世代と行くゆったり旅@シンガポールVol.5 | トップページ | シニア世代と行くゆったり旅@シンガポール~写真集~ »