温暖化?

こんばんは、あゆです。

今日から6月に突入ですね。

本格的に初夏突入です。が、4月の末から

微妙に暑かったような・・・。5月ですでに初夏

を通り越して夏日だったよぉな・・・。これで真夏

はどうなるんでしょうか?あゆ暑がりで寒がり

やからなぁ~、冷房ガンガンやろなぁ(笑)

さて、ここで見た目だけでも涼しくしようとこんな

写真を探してきました☆

Cimg3851

雪ぃ~そして湧いてるのは温泉え?ある意味暑苦しい?

そこはスルーの方向でお願いしますm(__)m

こちらは村岡温泉というところ。兵庫県屈指のスキー場が

点在するところにある温泉なので冬はこんな感じに

雪が積もります。これが、よくある、普通の冬の光景。

あゆ、このちょうど1年後に同じ温泉に行ったんです。

そのときのお写真がこちら。

Cimg4643

あ、アレ?雪は???って感じしませんか?

やっぱり温暖化は段々と進んで行ってるんですね。

と言っても、昨今流行りの「戦国時代」の方が今より

暖かかったっていう記録が残ってるらしいので、

もしかしたらまた戻って寒くなるかもしれませんね。

グランドをある地点からスタートして、またある地点まで

戻ってきて、結局また同じ位置、みたいな。

ボード好きなあゆにとっては冬がなくなってしまうのは

悲しいことです。雪の京都もまだ見てないですし

温泉は夏よりやっぱり冬ですしね。人間の手で

四季を壊してしまったのであれば、人間の手で

やり直すしかありません。少しずつ1人1人が

エコ活動をしていけばそれは少しではなくなります。

何事もの「チリも積もれば山となる」「大河の一滴」

ですね

| | コメント (0)

ビバ☆温泉!

こんばんは、あゆです。

あゆの住んでる兵庫県南部では最近すっかり

涼しくなってきました。日が沈むのも早くなり、そろそろ

夏も終わりです。が、お昼間はそれでも暑い

やっぱり残暑は厳しいようです

さて、そんな中、久しぶりに温泉へと出掛けてきました。

ちょっと入り用で節約生活のあゆなので、最近は全く

遠出をしてなくて。そりゃブログも書けません(言い訳)。

Cimg4230

行ってきたのは岡山県にある湯郷温泉“湯郷鷺温泉”です。

湯郷温泉は岡山県美作三湯の1つです。

とか言いながら、恐らくはスーパー銭湯の類かと思われます。

今回はあゆ友Cちゃんとの旅だったのでコチラにしました。

さてさて、久しぶりの温泉。が・・・夏休み柄、お子様が多い

走り回るわ、はしゃぎ回るわで・・・やっぱりスーパー

銭湯の類はある程度の覚悟が必要ですね。今度は

ゆっくりと入りたいモノです。

で、その後どぉしても行きたかった道の駅へ。

Cimg4234

“道の駅・海の駅 あいおい白龍城”です。

前を通る度にこの朱色のお城が気になって気になって。

で、行ってみてひと言。「なぁんやぁ~、中身普通やん」

中もあんな中国風な感じになってるのかなぁと思って

たのですが、普通で結構ガッカリ

ちなみに、こちらの道の駅は2階に温泉施設(スーパー

銭湯)を持ってます。ま、行った時間が時間だったので

お店も閉まってましたし、辺りも閑散としてました。

う~ん、残念、今度はもっと賑やかなときに来ようっと!

| | コメント (0)

雪見風呂

こんばんは、あゆです。

あゆ友Cちゃんの結婚式の後の二次会、ナカナカ場所が

決まりませんナゼかと言うと、日程がすでに埋まって

いたり、料金が合わなかったり、設備がなかったり・・・。

ある程度のところで妥協しないとダメなんでしょうが、

妥協したから二次会ダメやったとか言われたくないので。

みなさん、二次会とかってどぉやって会場決めてます?

さて、久しぶりにタイトルから「カニ食いツアー」が消えました。

が、内容はカニ食いツアーの続きになってます(笑)

ホント、小出しにすると結構長くなりますね。これからは

ネタがうざくならないよう、調整しながら小出しにしていきたい

と思います☆

香住への旅、帰りに寄ろうと思っていた日帰り温泉

定休日でお休みだというのに、行った日に気が付き(笑)、

急遽温泉地を変更しました。が、これが大当たりだったんです!

Cimg3852

行ってきたのは兵庫県美方郡香美町にある“村岡温泉”です。

以前から目はつけていたのですが、何せ場所が遠い!

気軽に来れる距離じゃなかったので諦めてました。

というか、国道沿いと言いながら、細い道を入っていかないと

ダメなので、正確な場所がわからなかったんです

Cimg3851

こちらが源泉となっております。無色透明、無味無臭だそうです。

もちろんお風呂は源泉かけ流しの天然温泉

お風呂に入るとチュルチュルしてました☆

あゆ達一行の貸切で、のんびりゆったり浸かることが

できました

雪で体の芯まで冷え切ったあゆ達にとって、この温泉は正しく

生き返った感じがしました。言葉で表すと・・・

解凍」って感じでしょうか(笑)?

もしお近くまで寄られる際がございましたら、一度入って

みてください☆1人500円と比較的お安く入れますよ。

年中無休なのも嬉しいところですね

| | コメント (2)

2連チャン

こんばんは、あゆです。

ブログのトップページにカレンダーがあり、更新日には

その日のブログへのリンクが貼られてます。

以前は月に数回の無リンクが、今年に入ってから急増してます。

更新した日の方が少ないってのが・・・何とも情けない話ですね。

さて、前回の郷緑温泉ブログに引き続き、今回も温泉ブログです。

せっかく岡山の湯原温泉郷まで来たのに30分の入浴だけで

帰るのは何とも勿体ないと思い、別の温泉にも行こうと思い立った

あゆ。が、お金もそぉそぉあるわけではないので無料の温泉施設か

安いところにしよぉと思いました。岡山って無料の温泉ってのが結構

あったりするんですよねぇ。が、大抵混浴露天風呂なんですが(-。-;)

こぉいうときって女であるより男の方がエエなぁと思います。

で、候補に挙がったのは茅森温泉と呼ばれる野湯です。

郷緑館の近くに位置している無料混浴露天風呂です。

が、残念なことに場所が解らず終い・・・何でも看板さえないとか。

で、却下になり、行ったことのない真賀温泉にしよぉかと思ったのですが、

安くて源泉かけ流しで湯原温泉郷の入り口でしかも正月休みの4日

とのことで、「こりゃ絶対人が一杯やな」と思い、こちらも後日日を

改めて行くことに。で、後残るは・・・と考え、結局湯原へ。

郷緑館からは車で10分ほど走ると着くくらい近くなんです。

Cimg3607

今回2度目の湯原訪問。以前はあゆ友2人と一緒に来たので

名湯“砂湯”は見ただけでした。さすがに混浴には入れません。

あゆにも羞恥心なるものが存在したみたいです(笑)

今回は人が少なければ「周りには誰もいないぞぉ~!!」と思い

込んでお湯だけでも触って・・・と考えて行ったのですが・・・。

やはり正月休みの金曜日。前回の訪問時より人が多かったです。

一応近づきはしたのですが、入られてる男性の方の目線が

一斉に向いたので徐々に後退(笑)やっぱり・・・無理でした。

う~ん・・・湯原に行きながら未だに砂湯経験無し。勿体ない。

今度は是非!!と決めたのですが・・・それでもやっぱり勇気が

いる行為ですね(^◇^;)

でもせっかく湯原まで来たんだから最低足湯くらいは・・・と思い、

前回お世話になった“湯の蔵つるや”さんへ。

Cimg3606

今回はこちらもいっぱいかしらん?と心配しながら行ったのですが、

むふっ、誰もいない(●´艸`)貸し切りイェ~イ(*^^)v

写真でも解るように、こちらの足湯、外からは見えないんですね。

その上、「足湯 星庭 入庭無料」なんて書いてあるから

そこに足湯があるってのが解りにくいみたいです。

ま、主要道路ではないので元々人通りは少ないのですが。

Cimg3601

前回はまだ湯を貯め始めたときだったので足首ほどまでしか

入っていなかったお湯も今回はすでに満杯。

源泉かけ流しかと思っていたのですがどぉやら循環式の様。

まぁでも塩素の臭いもしませんし、若干ですが、ヌルヌル感も

ありました。

Cimg3602

ドバドバ入って、ドバドバ出ていく状態なのでお湯は常にキレイです。

ゴミも浮いてません。もしかしたら浮いていたのかも知れませんが、

あゆは見かけませんでした。で、贅沢にも貸し切り。

足湯に入る気満々だったので上半身はポカポカ仕様。

足下も漬かっていない部分のことを考え、きちんと膝掛け持参(笑)

万全の体制だったのですが・・・足下暖か、頭冷え冷えで眠たくなって。

本を持って行こうとして忘れてしまったので妙に時間が過ぎるのが

遅い。(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。(゜゜; ハッ!てな感じでした(笑)

と、いきなりガチャリと入り口の扉が開き、女の子が。

どぉやら人待ちのようで、足ではなく手を漬けて暖を取ってました。

と、再びガチャリ。今度は男の方が入って来られました。

こちらは足湯利用のようで、ポツンと離れて入られました。

あまり人の顔をジロジロ見るのもアレなのでチラリと見ただけ

なのですが、年はあゆの妹姫からあゆの間くらいな感じの方で、

「若いのに1人で温泉なんてねぇ・・・寂しいなぁ」とそこまで考え、

「ってあゆも同じ穴の狢じゃん!!」とツッコミを。

ま、温泉は1人で行っても全然楽しいんですけどね。

自分の好きなよぉに動けますし、人に合わせて入浴時間を考える

必要もありませんし。自己中が標準装備のあゆは誰かと一緒の

行動が苦手なのですf(^ー^;

お正月から温泉を2つもハシゴしてしまいました☆

何とも贅沢な気分になりました!次回こそは、無料の温泉を

楽しもうと思います!が・・・混浴・・・誰か一緒に行きませんか(笑)?

| | コメント (4)

初風呂☆

こんばんは、あゆです。

えぇっと・・・昨日はサボってしまいました(>_<)ゞ

1日中バイトで某ショッピングセンターに缶詰状態で。

特にネタがなかったのです・・・。これから、バイト3つ

掛け持ちの状態になります。その結果、空いてる日が

火曜日のみになります。そぉなると特にどこかへ出掛ける

こともなくなり、ネタがなくなるということになります。

なので、2008年はネタが無ければ更新しないということに

致しました。誠に勝手ではございますが、よろしくお願いします。

無理矢理引っ張り出したネタのブログを読んでも・・・面白くない

ですからね(^◇^;)

さて、本日1月4日よりやっとこさ、お正月休みらしいお休みが

明日と合わせて取れそうです。そこで、早速行ってきました!

温泉です!いゃ~、今年はお正月に急に寒波到来で、巫女の

お仕事がキツくキツくて・・・すぐに腰が痛くなりました。

目指したのは岡山県にある“郷緑温泉”と呼ばれるところです。

湯原温泉郷の1つなので、場所は湯原温泉の近くになります。

Cimg3585

本当はお昼前に出て、岡山の“勝山町並み保存地区”にある

古民家で食べられるフレンチなんかをおしゃれに食したかった

のですが、生憎と起きた時間がお昼前(笑)地道を通る時間

さえなくなってしまったあゆは贅沢にも中国道(有料高速道路)

と米子道(こちらも有料高速道路)を使ってしまいました。

で、前回登場した「勝央SA」の“津山ラーメン”を食べました。

前回の時はスープを残してしまったのですが、今回は最後の

一滴まで飲み尽くしました!やっぱりコクがあるのにあっさり

しているとスープもいくらでも飲めちゃいますね☆

米子道を使って“郷緑温泉”に行く場合、下りるICは“湯原IC”に

なります。そのインターの手前に「摺鉢山トンネル」という

めちゃくちゃ長いトンネル(4099m)があります。

行けども行けども出口が見えてきません。

が・・・

Cimg3598

「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」(by 川端康成)

というほど雪があったわけではないのですが、それでも

年末年始の寒波の名残が急に現れました!!

それまではこれっぽっちも雪なんてなくて「あ~ぁ、せっかく

雪があるかもって期待して来たのになぁ」とガッカリして

いたのですが、やはり山奥!しっかり残ってました!

よかったぁ・・・あゆパパから「1月4日は温泉行くから車

(あゆパパの車のみスタッドレス&4WD)置いといてよね!」

とキツく言っていたかいがあって(笑)

Cimg3599

そんなことを思ってる間に本日の目的地を発見!

あまりにもひっそりと佇むその姿、危うく見逃すとこでした(^^ゞ

郷緑温泉“郷緑館”さんです。

Cimg3597

趣のある石段を登って行くと上からポタポタと水滴が。

「雨かなぁ?」と思って見上げると、雪解け水でした。

これがもっと寒いと氷柱やったのになぁと少し残念な気分に

なりました。こぉ・・・雪・古民家・雪解けと来たら「氷柱」でしょう!

Cimg3594

石段を登り切ると年輪を重ねた玄関がお出迎えしてくれます。

見ていただければ何となくわかるかと思うのですが、郷緑館さんは

れっきとしたお宿です(旅館とかではなく、民宿に近いですが)。

なのでもちろん宿泊もできます。なかなか味のある建物なので

泊まるのも楽しそうですよねぇ~。

Cimg3592

玄関入ってすぐには応接セットが。ロビーですね。

こちらのロビーには猪や鹿、キジなどの剥製が並んでました。

きっと夜に見るのは怖いことでしょう(((( ;゚д゚)))

奥から話し声は聞こえてくるのですが、反応がありません。

そこでひと言。

「こんにちはぁ!温泉入らして下さいな!」

と叫んでみました(笑)おじさん、アワアワしながら出てきました。

「うちの温泉は貸し切り風呂なんで30分1人500円ね」と

おじさん。事前に下調べをしていたので貸し切り風呂とは

知ってましたが、値段が300円やったり500円やったりで

はっきりしてなかったのです。どぉやら大人が500円、子供が

300円になったよぉですね。(2008年1月4日現在)

Cimg3593

これまた趣のある「ゆ」の暖簾(笑)えぇっと脱衣所及び浴室

に鍵はありません。貴重品が心配な方は宿の方に預けて

入浴して下さい。後、脱衣所の扉(もちろん鍵なし)、

上部が開いています。それから、脱衣所の隣がどぉやら

事務所の様なのですが、間に曇りガラスが1枚あるだけです。

女性の方には若干(かなり?)抵抗があるかもしれませんので

ご注意下さい。解りやすく言えば田舎の親戚の家に泊まりに

行ってお風呂に入る感じですかねぇ(「解りにくい」という苦情は

一切受けつけません(笑))。あゆは影になるところを見つけたので

そこで脱ぎ着しました。

Cimg3591

これが浴室です。貸し切りなのであゆ1人で利用(笑)

30分ですが、かなりの贅沢です!

手前に写ってるのが源泉に加温したお風呂です。

奥に写ってるのが源泉かけ流しのお風呂です。

源泉自体が34度と低いため、お風呂にしてしまうと

恐らく32度くらいかと思います。なので、今の季節ツライ

ものがあります(^◇^;)でも、「そんなの関係ねぇ!!」と

本気で言いきれるくらいの素晴らしいモノなんです。

まず、源泉、お風呂の下から湧いてました(笑)

囲いは大理石っぽいので囲ってあって、見るからに普通

なのですが、下は岩盤でゴツゴツしてます。てか、自然そのまま。

その岩と岩の間から気泡がポコ...ポコ...と出てくるのです。

ボコボコと沸き上がる感じではないのでパッと見解りづらいですが、

確実に湧いてました!スゴイです!1人で「キャーキャー」と

大はしゃぎです(笑)加温風呂にも入ったのでよくわかったのですが、

源泉風呂、入ると体がヌルヌルします。加温風呂、まったく普通の

お風呂でした。ただ、熱いだけ。源泉風呂、本気で寒いです(笑)

入ってる間はそれでも何とかなるのですが、浴槽から出ると

一発で体がガタガタと震えだします(笑)でも体に付いてる水滴を

ふき取ると、後は体の芯からポカポカとしてきます。

「ぬるま湯の半身浴が健康にはいいです」と言うてる人たちの

考えがよくわかりましたね。でも、ぬるま湯のお陰で30分、

あっという間に過ぎてしまいました。もっと入っていたかった

のですが、約束は約束、キチンと守らなければいけません。

泣く泣く出ていくあゆ・・・。また今度、絶対来たいですね!

ただ・・・本当にぬるま湯なので・・・これからの季節はかなりの

覚悟が必要かとは思いますが・・・。

 参考HP→「源泉かけ流しを求めて」~郷緑温泉~

| | コメント (3)

ほっこり

こんばんは、あゆです。

本日はお休みでした。久しぶりのお休みです。

何だか嬉しい☆で、嬉しかったので久しぶりに

温泉に行ってきました!

Cimg3578

行ってきたのは兵庫県朝来市にある“よふど温泉極楽湯”さんです。

本当はもっと北にある温泉に行きたかったのですが、

朝寝坊して気が付いたら「ごきげんよう」が放送されてた時間

だったもので、出発時間が遅れてしまいました。

そのため、近場でまだ行ってなくて、以前から気になってた温泉に

しました。名前が“極楽湯”ですからねぇ、どんな温泉なんやろ?と

イロイロ妄想想像が行く前から膨らんでたあゆ☆

結構山の中にありました。ポツンと建ってるその姿はまるで

あの世とこの世の狭間にある関所のような感じがしました。

なぁんて、もちろん今まで臨死体験なんかしたことないので実際に

あの世がどんなものか、関所があるのかないのか何てことは

さっぱりわかりませんが(笑)遙か昔読んだ某霊界探偵マンガには

閻魔省なるものがありましたが、まぁそんな感じをイメージして

いただければ良いかと思われます。

お昼をダイブ回って家を出たので目的地に着いたころにはすっかり

日は暮れてました。本当はお昼間に入りたかったのに・・・なんて

寝坊したあゆは思ってみたり。まぁでも平日だったこともあり、

駐車場は超ガラガラ。こりゃ空いてるなぁ、と思いながら浴室に

行くと、案の定、お客様はあゆを含め3人。しかも、あゆ以外の

方は1人がサウナ、もう1人が内湯だったので、あゆが使った

露天風呂はあゆの貸し切り☆いゃ~、貸し切り露天風呂って

いいですねぇ!木がふんだんに使われていたお風呂だったので

扉を開けると同時に木のイイ匂いがふんわりと漂ってきました。

山の中にあるので十分にマイナスイオンも感じましたしね!

途中、1人2人と入っては来られましたが数分で出られたので

結局露天風呂、最初から最後まであゆの貸し切り状態(*^^)v

お湯自体は特徴のあるものではなく、また、ヌルヌル感も

なかったので源泉かけ流しを求めて行かれる方には少し

物足りない感じがするかもしれませんが、ゆっくり入られるのが

目的の方(あゆはコレが目的です)はオススメですね。

塩素臭がけっこうするので、お風呂から上がった後はまるで

プールから上がった後のように体から塩素の匂いがします。

が、上がってからもポカポカ感はナカナカ取れません。

もちろん、化粧も乗りませんf(^ー^;しばらくキャミとカーゴで

ぼぉっとしていたあゆです(笑)

久しぶりの温泉だったのでかなりゆっくり満喫してきました。

いいですねぇ、温泉って☆今度はドコに行こうかなぁ~??

| | コメント (2)

スベスベチュルン♪

こんばんは、部屋の壁の角で足の小指を打ったあゆです。

ちなみに足の小指は内出血して紫色に変色しております(-。-;)

さて、本日は某車屋さんも某レストランもお休みで、

あゆにとって唯一のお休みDayでした。と言うことで、久しぶりに

行っちゃいました、温泉へ!!

いつもなら地道を通ってのらりくらりと行くのですが、

今日はしないといけないことが一杯あったので贅沢にも

高速を使っちゃいましたv(@∀@)vスゴイです、高速を使うと

時間が半分くらい短縮されちゃいました!でも・・・高かった・・・。

Cimg3072

目指す場所は豊岡市出石町なので、播但有料道路を使って行きました。

播但道って一応和田山までなんで、そこからは地道を通ります。

しかも、毎回出石に行く時使ってる国道ではなく、今回は県道を通る

ことにしました。何でもそっちの方が速く着くらしいので。

で、地道を走ると当然コイツが出現します、“道の駅”です!

今回立ち寄ったのは“道の駅 やぶ”です。

美味しそうな農作物が並んでました。季節柄梨が多かったですねぇ。

あゆ、梨大好きなんで思わず買っちゃおうかと思ったのですが、

お財布と相談した結果、諦めることになりました(×_×)

くぅ~、お金持ちに成りたいよぉ~!!

Cimg3071

こちらの道の駅にはナント錦鯉の池がありました。

何でも養父市が錦鯉の里だとか。

鯉を見ていると「華麗なる一族」の「将軍」を思い出すのは

あゆだけでしょうか?思わず手を叩いたのは言うまでもありません(笑)

トイレ休憩とストレッチをした後、本日の目的地へ向けて

いざ出発です!ここから出石まではそぉ遠くありません。

Cimg3079

で、こちらが本日の目的地“出石温泉館「乙女の湯」”です。

着いた時刻は13:00ごろ。駐車場の車が疎らだったので

これはきっと空いているだろぉと思いながらお風呂へ行くと

ナントあゆの貸し切りではございませんか!!

循環式のお風呂なので若干塩素の匂いがしましたが、

ホント気をつけて嗅がないと解らないくらい微量でした。

しかも、湯船からお湯がどばどばと垂れ流し!

めちゃキレイ!状態が維持されてました。

また、お湯には循環式とは思えないほどのぬめりがあり、

肌にしっとりと馴染みます。まさにツルツルって感じです。

しかも加温されているため温度が丁度良いんです。

長風呂をしたのですが、汗が上がった後も引かなくて大変でした。

お陰で化粧が乗らない乗らないf(^ー^;

こちらのお風呂は内湯が1つと外湯(露天風呂)が1つの

計2つで構成されてます。スーパー銭湯の様なたくさん

お風呂がある方がお好きな方には若干物足りない

お風呂かもしれません。マッサージ師さんとかも

いらっしゃいませんし、温泉以外何もないところです。

あゆは温泉が目的ですし、お湯が良かったらOKなんで、

かなりのお気に入りになりました。しかもお値段が安い!

通常だと大体相場として¥600くらいなのですが、こちらの

温泉は¥400。¥200の差は大きいです。2回行くと1回

タダでお風呂に入れる計算になりますからね☆

貸し切り状態の温泉を満喫し、地元の年輩の方とお話し、

とても有意義に過ごせました。今度こっちの方に来ることが

あればまた行きたいなぁと思います(*^_^*)

| | コメント (0)

城崎にて~外湯巡りと大和撫子~

こんばんは、あゆです。

昨日は閑話休題的にスイカのお話を入れてみました。

続けざまに同じ話題というのも飽きますからね(笑)

と言いながら、今日の話題は「あゆ版『城崎にて』」の続きです。

最後までお付き合いしていただけると嬉しいです♪♪

さてさて、いったん夕食を食べに戻ったあゆ達一行。

が、その夕食の多さに3人ともダウン(×_×)

胃袋がありえんくらい膨れあがりました!

「今日はもぉ止めとこかぁ」と話していると旅館の方が来られ、

「お腹一杯でもお風呂に入るとまたすぐにお腹が空いてくるよ!さぁさぁ、お風呂に行っといで!タダのうちに入っちゃいなさいよ!」と言われちゃいました。

あゆとしては1人でも行く気満々だったのですが、

スタッフさんに押されてあゆ友も行くことに。

でもさすがに膨れあがったお腹を帯で締め付けられないとして、

あゆ友は洋服で行くことになりました。

フロントで鍵を預けて・・・と、後ろから「あれ!?浴衣じゃないの!?」

と声を掛けられました。

振り向くと御店主様が。「せっかく和小物を用意して

撮影会をしよぉっと思ったのに・・・」と和傘をチラリ。

「速攻で着替えてきます!」と部屋に戻り、撮影会開始です☆

Cimg2566

暗めの浴衣を選んだので少し雰囲気が暗いですね(^0^;)

あゆ自身が持ってる浴衣が明るめなので、

ダーク色を選んだのですが・・・もちょっと明るい色にしたら

よかったですねぇ。

ちなみに、あゆ友、旅館のスタッフの皆様両方からは

「姐サンや!もしくはクラブのママ(笑)!!」と

言われ続けました(^_^;)そぉは思わないし見えないと

思うんですけどねぇ・・・いかがでしょ?

と、撮影会が終了した後、部屋で着替え直すのも

ダルいので、結局みんな浴衣で外湯へ(笑)

まずは旅館の方オススメ、“一の湯”へ。

Cimg2577

一の湯は屋内に1つ、屋外に1つ、2つのお風呂を持つ外湯です。

中でも、屋外風呂はナント洞窟風呂になっているのです!

岩をくり抜いた感じのお風呂で、半露天って感じです。

雨が降ってもきっと濡れません。

いゃ~、実に楽しいお風呂でした!

が、あゆ友の1人が「イタッ!岩がゴツゴツしすぎやろ!

あぁ!?マニキュアが取れてるやん!」と少々ご立腹の

ご様子。行かれる方、足下には十分ご注意下さい☆

さて、お次は旅館から徒歩3分くらいのところにある

“地蔵湯”です。近いので2日目に行く予定だったのですが、

チェックアウトの時間が10時と早めだったので

「行けるときに行っておこぉ!」ってことになりました。

Cimg2579

地蔵湯だからといって、お風呂にお地蔵様が居るわけではありません。

お風呂は極々普通のお風呂です。

行ったのが平日の夜で、若干遅めの時間(大体PM10:30ごろ)だったので、お風呂はほぼあゆ達の貸し切り(*^^)v

広いお風呂を女3人だけで使うなんて・・・

何とも贅沢な時間を過ごしました♪♪

旅館には門限があるので、それに合わせて帰り、

夜中の2時ごろまで部屋でトランプ大会!

が、あゆ・・・ダメダメでした(>_<)ゞ

弱っちぃのなんのって・・・。

日頃していないからでしょぉかねぇ?

でも強い人って初めてのゲームでも強いですよねぇ?

ん~、才能がないのかな(笑)?

さてさて、一夜明けて城崎2日目。

いょいょ「あゆ版『城崎にて』」も終わりです。

2日目の城崎は朝ご飯を食べ、荷造りもそこそこに、

1日目休湯日だった“さとの湯”に行ってきました。

こちらのお風呂はJRが管理されてるとか。

駅横にあるため、城崎メインの旅じゃない人も気軽に

立ち寄れるお風呂になっております。

Cimg2602

朝早くに行ったのでお風呂はもちろん貸し切り状態(笑)

オバケも逃げ出す(?)スッピン状態で行ったので

着いてから浴槽に浸かるまでの時間の短いこと短いこと。

こちらのお風呂は展望露天風呂が売りなので、

内湯に少し浸かった後、いそいそと2階の露天風呂へ。

扉を開けるとそこに広がるのは空と山。

まるで空中にポンと投げ出された感じです。

お風呂の隣りを流れる円山川の果てには日本海。

あゆの住んでいる瀬戸内海とはまた違った風景です。

「あぁ、兵庫県の北の端に来たなぁ(別にシャレとかではないですよ!!と必死で否定してあえてわざとらしくしてみたり(笑))」と思った瞬間でした。

がしかし、ゆったりと景色を満喫する時間もないほど

チェックアウトの時間が迫っていたあゆ達。

特にあゆは、車の中で化粧ができないので残り10分で

化粧をして、髪の毛をセットして、帰り支度をして・・・

とやらなければならないことがいっぱいあったのです。

が、人間やはりやれば出来るものです。

何やかんやでチェックアウト数分前に精算完了になりました。

普段もこんなに早く身支度が出来たらいいのに・・・と

思ってしまったのはきっとあゆだけではないハズです。

チェックアウト後、1時間は車も荷物も見てくれるので

その間にあゆ達一行は昨日目を付けておいたお土産物屋さんへ。

あゆ友の1人が大のお土産物屋さん好きなもので、

あっちのお土産物屋さんで買い、こっちのお土産物屋さんで買いと

城崎残り1時間は実に濃い1時間でした(笑)

お土産物屋さんって見ているだけでも楽しいですよねぇ!

実は他にも行きたいお店があったのですが、

定休日や営業時間の関係で行けませんでした。

次に行ったときはゼヒそっちも回ってみたいと思います。

以上を持ちまして「あゆ版『城崎にて』」を終わらせて頂きます。

長きに渡り、お読み下さいました皆様に改めて御礼申し上げます<(_ _)>

次回から「城崎にて~番外編~」と題しまして、城崎からの

帰りに立ち寄ったあんな場所やこんな場所について

書こうと思います(これで終わりちゃうんかぁ~い!!というツッコミはお受けできかねます(笑))

後少し、あゆの城崎旅行にお付き合い下さいますよぉ

お願い申し上げます。

| | コメント (0)

城崎にて~外湯巡りと艶姿~

こんばんは、あゆです。

台風接近のため、大荒れの兵庫県。

よかった、城崎温泉の旅が雨じゃなくてε= (・c_,・。A)

行ったメンバー全員が晴れ女なので、

そぉそぉ心配はしてなかったのですが、

道中雨がザァザァ降りだったのです。

「これは晴れ女の名を返上せなあかんなぁ(笑)」

なんて言いながら行ったら、城崎付近で雨が小雨になり、

城崎町に入ったころにはすっかり上がってました。

どぉやらまだまだ“晴れ女”を名乗れそうです(笑)

さて、昨日はあゆ達が泊まった旅館について書きましたが、

今日は城崎名物、“外湯巡り”について書こうと思います。

せっかく“浴衣の似合う町城崎”を謳っているのに洋服なんて

無粋なことは致しません(笑)

旅館で貸し出してくれる色浴衣(デザイン浴衣とも言い、一般に見る色地に絵がある普通の浴衣のことです。旅館の名前が入ってる白地の浴衣ではありません)を借り、早速お着替えです。

Cimg2518_1

いかがでしょーか?

ちなみに、着付けは全てあゆがやりました(*^^)v

大学時代、必要に迫られ、独学で成し遂げてから

案外簡単にできるよぉになりました。

Cimg2530_1

旅館が用意してくれてる篭バックにお風呂セットを詰め込み、

早速出発です!

とりあえず、城崎の町を散策がてら、ぷらぷらと歩くことに。

Cimg2521

城崎と言えばやはりカニでしょ!

と言うことで、結構魚屋さんが多いのです。

まぁ日本海のすぐ近くですからねぇ。

毎日新鮮な海の幸が手に入るというわけです。

どぉりで昨日の夜に食べたお刺身が美味しかったわけだ!

Cimg2523

城崎の景色と言えば柳と川でしょ!?ってくらい有名な風景です。

ガイドブックとか旅行のパンフレットとかにもこの風景が

載っていますね☆やっぱり情緒が出てますねぇ。

Cimg2532

ナント、ポストが丸形です!最近ではめっきり見なくなりましたが、

城崎ではあちらこちらに点在しておりました。

ん~、これにもまた、風情を感じます。

と、あっちにフラフラこっちにフラフラしていると早速

外湯を発見!しかも、明日は休館日のよぉ。

これは入るべし!と入ったのはいいのですが・・・。

上がった後の着付けが大変でした。

あゆしか着付けれないので急遽“あゆ先生による、誰でも簡単!5分で解る浴衣着付け教室☆”を開催しました。

最初のうちは戸惑っていたあゆ友ですが、

何やかんやできっちりと着れてました。

人間、やればできるもんなんです(笑)!

お風呂に入って頑張って浴衣を着て、外に出てきたころには

もぉ汗だくに。「さっきのお風呂は何だったのぉ!?」

状態でした。と、お隣にフレッシュジュースのお店を発見。

Cimg2534

きのさきジュース菜果”です。

店内は柑橘系フルーツの匂いでいっぱいでした。

Cimg2537

オーダーしたのは向かって左から・マンゴーオレンジ・ベリーベリースムージー・マンゴースムージーです。

ちなみに、あゆはマンゴーオレンジでした。

お風呂上がりにサッパリとした冷たさが心地よかったです。

水分補給しながらまたしてもプラプラしていると2つ目の

外湯に出会いました。

Cimg2538

“御所の湯”です。別名“美人の湯”とも言われております。

見た目は威風堂々とした面構えですが、中はとっても開放的でした。

吹き抜けでガラス張りの天井は屋内にいるにも関わらず、

まるで露天風呂に入っているかのよぉな感覚でした。

城崎外湯巡りをされてる観光客の方々は皆様、烏もビックリな

行水です。あゆ達が上がったときに入り、あゆ達が浴衣を

着ているともぉ上がってきます。

慣れない浴衣にあゆ達がもたついていると、旅館浴衣の方々は、

さっさと着て、出ていってしまいます。

7つの外湯を全制覇したい気持ちもわかりますが、

せっかく広いお風呂に来たのですからもっとゆっくりと

浸かればいいのに・・・と思うあゆなのでした。

さてさて、お風呂から上がるともぉすぐ旅館のご飯の時間です。

帰らなければいけません。

とりあえずいったん旅館に引き返したあゆ達一行は

豪華但馬牛の夕食を頂き、お部屋で一休みした後、

外湯巡り第2弾へと出かけました。

まだまだ続く「あゆ版城崎にて」。

今日はこの辺で失礼することに致します。

今回も長々と書きました文章にお付き合い下さいまして誠にありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

さすがスーパーです

こんばんは、あゆです。

あゆのブログ師匠の出だしを真似て・・・

 

今回も長いよ(笑)

 

本日火曜日は某車屋さんの定休日。

ということで、もちろん、あゆもお休み☆

ま、最近逆戻りで1週間の半分はお休み状態のあゆなんですけどね(-。-;)

さてさて、せっかくお休みだし、

お天気も良いしで「これはドライブ日和でしょ!」

とまたしても兵庫県北部まで行ってまいりました(*^^)v

ホント、よく行きます、北部(笑)

Cimg2402

日帰り温泉施設“天然温泉 奥香の湯”です。

むむ?何やら妖しい雲行きに・・・雨降るのかなぁ?

こちらのお風呂は今はやりのスーパー銭湯。

なので、マッサージから理容院からレストランから・・・

何でも揃ってます。

最近ヒドイ肩こりに悩まされてるあゆなので

マッサージをしてくれる温泉を探してたのです(^_^)b

Cimg2404

実はあゆ、スーパー銭湯の類が苦手なんですf(^ー^;

ナゼかと言うと、人がいっぱい居て

ゆっくりお風呂に浸かることができないからなんです。

源泉かけ流しとかにあまり拘らないあゆなので、

お風呂はゆっくり入れるか否かが重要になってくるのです。

「平日はあまり人がいない」との情報を仕入れたので

喜び勇んで行ったのですが、駐車場はいっぱい・・・。

これはもしかしてしくったかΣ( ̄ロ ̄lll)と思ったのですが、

どぉやら男の方が多い模様。ほっ、一安心☆

それにしても最近のスーパー銭湯は旅館の温泉みたいですね。

長い畳敷きの廊下を素足でお風呂までペタペタ。

今流行りの琉球畳みがオシャレですが、高い上に耐久性が

低いという代物。う~ん、豪華!

お風呂は内湯と外湯の2種類で、

内湯には普通のお風呂に、ダイエットバス、ジェットバス、

湯腰掛け、サウナに水風呂の計6つのお風呂。

外湯は源泉風呂に檜風呂、樽風呂に寝湯、

シルクインと言う気泡がわんさか溢れ出てるお風呂に

日替わり風呂(ちなみに、今日はゲルマニウム風呂でした)、

それから、薬草サウナの計7つのお風呂。

サウナ系はあゆが苦手なので入らず、また、それに

付随する水風呂も入りませんでしたが、それら以外は

全て体験してきました!

いゃ~、実に立派なお風呂でした。

源泉風呂以外はどぉやら循環式みたいなのですが、

塩素臭はせずに、どのお風呂に入ってもお肌は

ヌルヌルのツルツル( ̄ー+ ̄)

源泉風呂に至っては体に気泡がまとわりつくくらい

良質のお湯が注がれました。

もぉ満足すぎて、源泉風呂でかれこれ30分

浸かりっぱなしでした(笑)お陰で上がってからも

汗が引かない引かない(○´д`A)

外湯にはテレビが付いてまして、お風呂に浸かりながら

贅沢にもテレビが見れるという状態です。

丁度やってた天気予報を見ると兵庫県の但馬地方のみ

雨雲が掛かってるとのこと。どぉりで小雨降る中露天風呂を

楽しんでると思いました(^◇^;)

その後、予約していたマッサージを受けたのですが、

このマッサージ師さんが良い腕でして。

韓国の方だったのですが、揉むのではなく筋肉を解すのです。

固まりすぎてるあゆの肩は揉むとイタイので、

伸ばしたりさすったりする方がイイ感じになるのです。

が、最近はどこ行っても揉み揉み・・・。

どこかに撫で撫でして筋肉を伸ばしてくれるトコロは

ないものかと思っていたとこだったのでかなり

気持ちよかったです(v^ー°)

筋肉から骨から全て伸びた感じがしました(笑)

身も心も解きほぐされたあゆはお昼を食べていない

ことに気が付き、時計を見ると早16時がそこに

来てました。これはヤバイ!!と思い、併設されてる

お食事所へ。

Cimg2406

天ぷらうどんセットです。

あゆ、こぉいったセットを待ってたんです!

天ぷら好きのあゆはいつも天ぷらうどんにするか、

天ぷら定食にするかで迷います。

なぜなら、揚げたてサクサクの天ぷらを天つゆに

付けて食べたいのですが、定食にするとごはんやら

小鉢やら下手すると小うどんまで付いてきて

食べきれないのです。

かと言って、天ぷらうどんにすると、衣がホヤホヤに

ふやけてしまって・・・。

でも、おうどんも食べたいし・・・。というかなりワガママな

状態でいつもあゆの中では葛藤が起きてるのです(笑)

ちなみに、この天ぷらうどんセット、650円です。

天ぷらもおうどんも小サイズなのですが、

揚げたてサクサクの天ぷらがもぉ美味しくて!

ホッペタがとろぉ~んって溶けるかと思いました☆

うどんもコシのあるおうどんでした!

また行きたいなぁって思うスーパー銭湯でしたが、

もしまた行く機会があれば、きっと同じメニューを

オーダーするだろぉなぁってくらい、気に入りました☆

ただ、小食のあゆが食べきってお腹一杯になった

セットです。普通に食べられる方でしたらきっと物足りないと

思うかも知れませんのでご注意を(^_^)b

あゆが温泉から出てくると外はざぁざぁ降りの雨模様。

暗くなる前に帰らなければと急いでカメ子に乗り込み、

帰路についたのですが、生野峠辺りからさっぱり

雨が降らない状態に。

1番中途半端に汚れてしまったカメ子を見ると

可哀相になって、帰ってきてから洗車しちゃいました。

ちなみに、開始時間18時半。

水洗いだけで終われば良いものを、ワックスまで

かけてしまったので終わったのは21時(笑)

途中から真っ暗になり、ワックスが見えなくなったのは

言うまでもありません(´-ω-`;)ゞ

家から懐中電灯を引っ張り出してきて何とか無事

ワックス掛けまで終わらせることができました。

本当はフロントガラスに撥水加工もしたかったのに。

時間が足りなくてできませんでした(>_<)ゞ

明日、明るいところできっちりとワックスが取れているか

確認することを忘れないようにしないといけないなぁと思う

あゆなのでした☆

| | コメント (2)