はんなり★京美人

こんばんは、あゆです。

すっっっっっっっっっっっごいご無沙汰です

まさかまさかの2月更新なしってくらいになって

しまいました気がつけばもぉ2月残すところ2日。

良かった、何とか2月中にアップができて

さて、「去る」と言われるほどすぐに過ぎる2月。

一番下の妹ちゃん、三の姫と京都に行ってきました。

・・・何だか9月に行った京都ネタがつい最近やっと

終わったところなので、やたらと京都ネタが続いてる

気がしないこともないのですが・・・。まぁ良いですwww

今回の京都旅・・・ナント朝の6時発の電車に乗って、

8時前に京都入りするという前代未聞(?)のことを

やってしまいました。朝5時起きです・・・起きれなかった

けどね

ナゼにこんなに早く京都入りしたかと言いますと・・・。

Cimg1873

今回、画像はこれ以上大きくなりません。ゴメンナサイ(人><。)

変身舞妓ちゃんをするためだったんです~

三の姫が「ウチもやりたい」とのことで、予約を取ると

午前中しか空いていないと言われたんですよねぇ・・・。

三の姫、初体験、私、3回目。二の姫に「姉ちゃんはもぉ

せんでもええんちゃうw?」なんて言われたので、今回は

頑張って芸妓さんになってみましたって、この写真じゃ

舞妓と芸妓の違いがイマイチ分かりづらいですね

芸妓さんの場合、カツラが全カツラ(舞台なんかで使う、

すっぽりそのまま被るヤツです)になるので、めちゃめちゃ

重たい・・・。その上、額の左右両端にポコッと出てる骨が

カツラに当たってイタイ。そのまた上、米神にカツラが当たり、

常にアイアンクローされてる状態で、気持ち悪くなってきた。

「芸妓さんって常にこんな状態なんかぁ、大変やなぁ」と

思っているとスタッフのお姉さんに「芸妓さんや役者さんの

場合、使う人に合わせてカツラを作るから、ここまでキツく

ないよ」とのこと。それでも・・・重さは変わらないというから、

プロ魂に脱帽m(_ _)mあんなの付けて舞ったりするなんて

スゴすぎですもう1枚、プロフ写真に別写真をアップ

してあるので、良かったら見てやって下さいね

舞妓体験はコチラでしました♪→「花風

| | コメント (2)

温故知新

こんばんは、あゆです。

昨日の雨でちょっと気温が下がった兵庫県南部。

桜もすっかり散ってしまい、あとは新緑の季節を

待つばかりとなりました。

さて、そんな暖かな春麗らかなる日にアップする

ブログの記事は・・・時期はずれな京都ツアーの

お写真です(笑)桜の咲く前の話ですのでそろそろ

ネタ的に熟成されしすぎてるかもしれません・・・。

京都と言えばやはり歴史的にも貴重な神社仏閣などが

有名ですが、何も古いものはお寺や神社だけではありません。

17309kyoto20

こちらは【京都府立図書館】さん。【京都国立近代美術館】の

横、【京都市美術館】のお向かいという、正しく「温故知新」

なエリアにあります。もちろん、図書館ということで、一般の

人たちもガンガン利用できます。そして、いっぱいの人が

中にいらっしゃいました。もしあゆの家の近所にこんな

ステキな図書館があれば、絶対入り浸ってると思います。

17309kyoto22

こちらはあまりにも有名、【南禅寺】さんにある【水路閣】。

いつ見てもこの和と洋の絶妙なコラボには脱帽します。

ホント、造った方は何百年後という未来の姿をも考え

て造ったのではないのか?と思うような代物です。

17309kyoto16

こちらは元醤油の製造蔵だったお店です。現在は

貴匠桜MATTAKU】さんという和風創作レストランに

なってます。中も自由に見学できるとのことだったのですが、

普通に営業されてる上、別に食べるわけでもないのに

悪いなと思い、入り口から見れた部分だけお写真を

撮りました。次回、機会があればぜひ行ってみたいお店の

1つです。きっと中もステキなんだろうなぁ

これら以外にも有名な町屋と呼ばれる京の長屋を改装

してお店をされてるところもいっぱいあります。

外国人に「なぜ日本人も京都に行きたがるの?」と聞かれた

ことがありました。確かに、外国の人からすると同じ国にも

関わらず、多くの日本人が訪れているのは不思議なのかも

知れません。そのときあゆは「欧米化、近代化してきた

現在の日本にとって、昔の風景や文化、知識に触れるという

のは新たな出会いでもあり、昔を懐かしむ癒しでもあるんよ」

と説明しました。ヨーロッパなどでは古城などがホテルや

レストランなどになっていたり、昔ながらの家がそのまま

現役で活躍していたりと正しく「温故知新」。この外国人の

知り合いも大いにあゆの考えに賛同してくれました☆

| | コメント (2)

女子力UP!キレイ☆になる旅in京都~その3-1~

こんばんは、あゆです。

オーストラリアで大規模な山火事が発生

してますよねぇ?じつはあゆ、オーストラリアに

何人か友達がおりまして、その子達、みんな例の

山火事の被害に遭ってるんですよねぇ。心配で

メールを一斉送信してしまいました。無事であることを

祈るばかりです(>人<*)

さて、ちょうど反対にいる真冬の日本、京都。

せっかく京都まで行ったのにまさか舞妓体験だけで

帰ってくるようなことは致しません!というか、1泊

2日なんでね。時間はたっぷりとあるわけですよ。

ということで、お寺巡りをしてきました☆

1日目の目的が舞妓体験なら2日目の目的は

お寺巡りです(ソコ!年寄りくさいとか言わない!!)。

Cimg5059

ハイ、どこだかわかりますでしょうか??

もぉお寺巡りの定番ですね!あゆはどちらかというと

コチラの方が好みです。

Cimg5051

銀閣寺(正確には東山慈照寺)です☆どちらかと言うと

金閣寺より銀閣寺の方が好きです。雪など積もっていたなら

なおのこと良し!って感じだったのですが・・・。ナント修繕中

だったんですよぉあゆがどうしても見たいと駄々をこねた

銀閣寺。すっごく楽しみにしてたのに・・・。

入ってから気付きました・・・。第一声が「まぁじぃでぇぇ!?」

だったのは言うまでもないです。某海溝より深く凹みました。

もぉボッコボコ(笑)とか言いながらしっかりとお写真を撮る

あゆとCちゃん。「せっかく来たんやし、普段見られへん

銀閣の裏側が見れたと思おう!」と何とかポジティブに

考えました。が・・・やっぱり銀閣見たかった

順序看板に従って進んでいくと、どんどん山を登ることに。

運動不足バリバリの2人組、もぉヘロヘロです。

「どこまで昇らせる気よ!?」なんてキレかかったころに

急に目の前が開けて、飛び込んできたのがこの風景。

Cimg5056

めっちゃキレイやん

京都の街一望です!エエ感じ火照った体に京の冷たい

風が気持ちよかったです。

そして次へ移動行きたいこと、やりたいこと、全て

やり遂げる予定なので行動は迅速に!です。

昨日は散々迷った京の街ですが、何となく地理感が

掴め、バスも何となく理解。移動にそこまで時間が

掛からなくなりました。人は進歩する生き物ですね。

Cimg5061

で、銀閣寺と言えば、やっぱり哲学の道でしょ!

と言っても、桜の名所なので冬は何にもありません。

写真を見ても解るとおり、寒々しい木々が立ち並んでるだけ。

もちろん、歩いてません(笑)記念ですね、記念。

ではでは、ある意味今回の旅の裏目的(表目的は舞妓

体験)であるお寺に参りましょう!

と思ったのですが、予想以上に長くなったので次に

回したいと思います。どのお寺でしょうか?ヒントは

ビル街のお寺です☆

| | コメント (3)

女子力UP!キレイ☆になる旅in京都~その2~

こんばんは、あゆです。

本気で真冬並ですね・・・北の方では雪が舞ってますね。

さてさて、小雪舞い降りる京都で全力疾走(と言っても

歩いているのと大してスピードが変わらないんですが(笑)

ともすればさっさか歩いてる人の方が速いかも?)して

辿り着いたのはどこかと言いますと・・・。

Cimg50092
(写真は大きくなりません。)

舞妓さん体験でぇ~~~す

ずっとしたくて、でもナカナカ機会がなくて、やっと

念願叶ってやっちゃいました!!

散策中にももちろん可憐に舞ってくれちゃった雪の

お陰で、ガッポリ空いた首筋に雪が溜まる溜まる・・・。

Cちゃんと2人して「さぁぁむぅぅいぃぃ!!」と言い合い

ました(笑)

Cimg50362

町屋を改造した変身舞妓処さんだったので妙に狭い。

でも、ちょびっと置屋の気分が体験できました☆

本物の舞妓ちゃんもこぉやって置屋で生活してるんだなぁ。

で、お化粧とか、髪型とかをしてもらうのですが、ハード

コンタクト使用の人はコンタクトを取らないとダメなんですね。

あゆ、ハード愛用者なんで、取ったら何も見えなかった・・・。

とりあえず、横で白くなっていくあゆ友Cちゃんを激写して

ソレ見て、「あぁ、あゆも今こんな感じになってるんかぁ」と

思ってました(笑)バッチリ見える方は自分がどんどん

変身していってるのを目の当たりにできて楽しいはず☆

まぁ見えなかっても見えるようになってからのお楽しみ

っていう楽しみ方もありますしね。ちなみに、出来上がった

お化粧が気に入らなかったら直してくれたり、最初から

やり直してくれたりするそうです。あゆは基本的には

OKだったので特に直す必要は無かったのですが、

Cちゃんはひたすら「おかめみたいや・・・」と言うてました。

ま、誰でも舞妓さんの格好をするとおかめみたいに

なりますよ(笑)だって白塗りにおちょぼ口ですから。

このおちょぼ口風の紅の差し方が妙に違和感で・・・。

普段見慣れてる口元と全くちがうんですよねぇ。

そぉすると顔全体のバランスが何となくチグハグに。

Cimg5016
(写真は大きくなりません。)

ちなみに、こちらがCちゃん。着物は黄色でした☆

あゆは水色♪お笑い芸人のザ・タッチのどちらかが

着た着物と同じものだそうです。

全く知らなくて、選んだ着物を見て着付けてくれてた

お姉さんが教えてくれました。

そぉそぉ!着物なんですが、柄というか色がいっぱい

ありました。と言ってもあゆがお世話になったお店は

比較的小さいお店だったので着物の種類もそぉ多くは

なかったのですが、大手の変身舞妓処とかだと三桁くらい

着物を用意してるそうなので、優柔不断な方は何色に

するかとか、柄はどんな柄が良いとか予め決めておいた

方が良いと思いますよ。あゆは行く前に「鶯色みたいな

緑っぽり、淡い色にしよう!」と決めていたので、すんなり

決まりましたが(え?着てたのは水色やったって?実は

緑色があまり似合わなかったんです(笑))、Cちゃんは

あゆより先に選び初めて、あゆが着付け終わった後に

決まりました(笑)しかも当初「私はピンクか白!」と言って

いたのですが、最終的に「お姉さん、どれが私に似合い

ますか?どれが一番人気のある着物ですか?」と

聞いてました(笑)決めていても実際合わせてみて

似合わなかったりっていうのもありますしね。

後、あゆ達がしたプランには散策1時間が付いていた

のですが、散策プランの方は絶対草履でした方が

オススメです!あゆ達はお世話になったお姉さん達に

「絶対草履!」と薦められたので草履を履いて散策した

のですが、別の変身舞妓ちゃんが“おこぼ(こっぽりとも

言う)”を履いて散策していたのですが、見事にすっ転んで

ました。歩くのに慣れていない上、石畳でデコボコの道

だったのが災いしたんでしょう・・・。綺麗な黒いお着物で

キリリとした少しお姉さん舞妓風のお化粧がバッチリ

お似合いだったのに・・・。ということに成りかねないので

散策されるときは「あの!!草履とかってありますか?」と

聞いてみてはいかがでしょう?もちろん、おこぼでも何の

問題もございません、あゆの一意見ですので悪しからず。

その上、散策時間の短いこと!いぇ、けして文句がある

わけではないんです。あの格好で人通りの多いところ

(あゆの場合は二年坂や産年坂、八坂の塔)を歩けば

観光客から「一緒に写真撮ってもらっても良いですか?」

とまるでモデルにでもなったよぉに写真責めにあります。

それらに答えてたら実質散策時間なんて数十分。

もちろん、断ってもエエんでしょうが、「カワイイィ~

を連発された後に断る勇気はあゆにはございません。

それに、本当にモデルかホンマモンの舞妓ちゃんにでも

なった気分になるんですよねぇCちゃんなんて外国人に

モテモテ(笑)その点、あゆは全く・・・やっぱりオバQは

ダメですねダイエットを改めて決意した瞬間でした(笑)

| | コメント (0)

深夜の初詣

こんばんは、あゆです。

毎年のことながら、年末年始休暇があってないような

あゆ。仕方有りません、巫女さんやってますから。

でも、大老のあゆは今年、そこまでハードにやってません。

1日と2日だけですからね。今までのことを考えると

楽なもんですよ(長年働いた余裕です(笑))(*^^)v

で、2日、あゆが巫女さんを終えて母方のおばあちゃまの

家でお正月らしくゴロゴロしてると滅多にならないあゆの

携帯が鳴りました。あまりに鳴らなさすぎて一瞬「誰の

携帯?」とかって思っちゃいました。

相手は某車屋さんのアルバイト仲間Mくん。

「ゲーセン行かん?やりたいゲームがあんねんけど」との

お誘いでした。もちろん、あゆってばおばあちゃまの家で

ゴロゴロしてたわけですからすぐには行けません。

で、結局日付が変わるか変わらんかって時間になってしまい

ました。ま、ママンやパパンは放任主義なんであゆが何時に

出ていこうが、何時に帰ってこようがあまり文句は言いません。

ただ、きちんと出ることを伝えないと怒られますけどね(^◇^;)

久しぶりのゲーセン。思っていたより家族連れの多いこと。

最近ではお正月家族みんなでゲーセンなんかに行くんですね。

しかもゲーセンなのに禁煙スペースなんかもあってビックリ!

その後は、あゆが初詣がまだなことを知ったMくんと深夜の

神社参りです(*≧m≦*)

200901030126000

闇夜に浮かび上がるは巨大なチタン製鳥居。

何だか未だに違和感を拭えないチタン製鳥居。

やっぱり鳥居と言えば朱塗りのアレでしょう!なんて

あゆはここの大鳥居を見る度に思います。

このチタン製大鳥居、この某神社(あゆがお世話になってる

神社とは別の神社です)のシンボル的なものになってまして、

お正月ともなればここら辺から人がわんさかと並んで・・・

るはずなんです。聞いた話で、実際はあゆ、見たことない

んですねぇ。なんてったってお正月はあゆも巫女。忙しい。

他の神社になんて参れるヒマがありません。

とか言いながら、一昨年くらいも深夜にこの神社にMくんと

参った記憶が・・・。何やかんやで来てますね(笑)

とにかく、昼間はそんくらい多い人出にも関わらず、夜は

人なんてほんの一握り。片手で数えられるくらいです。

人混みが苦手なあゆにとってはこれくらいの人やないと

苦痛なんで丁度良いんですけどね☆

さてさて、明日はお休みです!あゆ友Cちゃんが来るので

今から部屋のお片づけです。何して遊ぼかなぁ~♪♪

| | コメント (2)

初めての京都旅~祇園祭の巻~

こんばんは、あゆです。

今日も夕立があった兵庫県。何だか今年は夕立が

多い気がします。ここ何日かは連チャンですからね。

これも環境破壊が生んだ自然現象なんでしょうか?

さて、そんなこんなで気が付けば7月も終わり。

そして気付いた“祇園祭”のブログを書いてないこと

祇園祭って7月1日から7月31日までなんだそうで、

ギリセーフって感じでしょうか(笑)?

Cimg4205

祇園祭の中心、八坂神社です。朱塗りが艶やかですねぇ。

夏ということもあり、浴衣姿の方を多く見かけました。

が、かなりひどい夕立もあったので色の白い浴衣を着てた

方々は泥が跳ねたり、透けたりしたのではないのかなぁと

思います。もしどこかで浴衣を着る機会があれば色も

ご注意を

Cimg4204

境内は夜店がいっぱい出てもお祭り気分満載

お祭り好きのあゆのテンションはもぉ天井知らず

Cimg4193

祭殿には提灯が灯されてました。名前をみるとやはり

芸妓さんや置屋、お茶屋さんの名前が目に付きました。

う~ん、“祇園”だからかなぁ?

Cimg4195

祭殿の中を覗くと黄金の神輿が並んでました。

これは御神輿ですね、神様が乗られるモノです。

あゆの地元のお祭りは神輿は神輿でも“屋台”や

“やっさ”と呼ばれ、人が乗るものなので神様用のを

見ると何だか新鮮な感じがします。

Cimg4198

本殿の中では神社の方々がお祓い(?)の練習中でした。

行った日が宵々山の日だったので本山の練習か何か

だったんでしょうか?

残念ながら天気と時間の都合で肝心の山鉾は見れず

終いだったのですが、それでも雨の中コンチキチンを

聞いたときは日本の伝統的なお祭りの一端に触れた

ような気がしました。

Cimg4187

ちなみに、この時期だけ舞妓さんの髷は“祇園祭使用”に

なるそうです。素人のあゆからしたら同じにしか見えない

のですが・・・まぁこのときが初舞妓さんだったので

いつもはどんな髷なのかわかりませんけどね(笑)

| | コメント (0)

初めての京都旅~お寺の巻~

こんばんは、あゆです。

さて京都旅第2回目です。サクサク進みましょう

無事“ルノワール+ルノワール展”を見終わった

あゆとあゆ友Cちゃん。あゆのたっての希望により

お次は“南禅寺”へと向かいます。

え?平安神宮はどうするかって?それは・・・次の

機会にでも回します

Cimg4174

はい、やって来ました、“南禅寺”です

こちらがかの有名な“三門”です。歌舞伎で石川五右衛門が

コレに昇って「絶景かな、絶景かな」と見得を切る、アノ

三門がこちらです。で、その「絶景」を見たかったのですが、

昇るのに特別拝観料なるものが必要になるんですねぇ。

確か・・・¥500だったでしょうか?今回の目的は

ここからの眺めではなかったので、これまた次の機会へと

回すことにし、さっさと奥に進んでいきます。

Cimg4170

こちらが“法堂”です。本堂と=になるんでしょうか?

その辺の詳しいことはよくわからないのですが(コラッ

公式な行事なんかを執り行うところだそうです。

その法堂を横目にさらに奥へと進んで行きます。

この先にあゆの目的があるのですから

Cimg4167

はい、コレです!あゆの目的!“水路閣”です!

いゃ~、念願が叶いましたあゆコレの存在を

知ってからもぉどぉしても、どぉしても見たかったんです

スゴイですねぇ、和の中に溶け込む洋。

Cimg4160

これが建てられたのが明治時代。何よりも景観を大事に

する京都民(だってロー●ンだって青くないんですもん)

にとってお寺の中にコレは違和感ありまくりだったんじゃ

ないでしょうか?今でこそ年月が経ち、イイ感じに苔が

生え、煉瓦が風化していますが、当時はガツンとした

煉瓦そのものだったんですからねぇ。

しかも何よりもスゴイのがこの洋風建築を日本人だけで

造り上げてしまったということでしょうか?

デザインも施工も全てが日本人。普通海外とかの技術者

とかが招かれたりしますよねぇ?やはり日本人は

コツコツ努力のタイプですね☆

Cimg4164

しかも、あんだけ暑かったのに、ココに来るとめちゃくちゃ

涼しいんですねぇ~。その上、水路閣を流れる琵琶湖疎水

のチャラチャラ流れる音がまた涼しげでした。

それにしても・・・当時の市長さんやら府知事さんやらは

器の大きな方だったんでしょうねぇ。景観を損なう恐れが

ありそうな建物の施工にGoサインを出したんですから。

先を見据えた英断・・・とでも言いましょうか。

何百年も後の水路閣が見えていたのかもしれませんね。

今の日本のリーダー様達にも何年後、何十年後、何百年後

の日本を見据えた英断をして頂きたいものです。

| | コメント (0)

初めての京都旅~芸術の巻~

こんばんは、あゆです。

本日水曜日は某車屋さんでのお仕事でした。

いつものようにバビュンとカワイイカメ子を

運転して、はい、到着きちんと駐車場に止めて・・・。

何だか嫌な予感が・・・恐る恐るカレンダーを見ると・・・

今日って某車屋さん定休日じゃん

ナントすっかり忘れていたんですねぇ~

ということで、スゴスゴと家まで帰ってきたあゆ。

もう一度寝直したのは言うまでもありません(笑)

さて、昨日の火曜日もあゆはお休みでした。

で、そのお休みを利用して久しぶりの遠出です。

と言ってもガソリン高騰の今、車なんて出せるわけもなく、

電車での旅になりました。お供はいつもの大学時代の

あゆ友Cちゃんです。目的地は日本の故郷、古都・京都です。

「あぁ、7月やから祇園祭かぁ」と思われた皆様実は

あゆはその事実を行くまで知らなかったんですねぇ(笑)

行ってから会う人会う人に「今日は祇園祭に来たの?」

と言われ知りました。全く疎いですね・・・

では何が目的か?それはコレなんですねぇ・・・。

Cimg4210_2

京都国立近代美術館で開催されてる

ルノワール+ルノワール展”です。

見ていて感じる暖かな感じがあゆは大好きなんですねぇ。

就活以来の京都で、ドキドキのあゆ。何せ子供のころ親に

連れてきて貰って以来の訪京です。う~ん、地図とか

持ってきてないけど行けるかなぁ?

Cimg4152

京都駅前にそびえ立つ“京都タワー”です。従姉妹が昔

京都に住んでた頃、従姉妹の家から見えたライトアップ

されたタワーはまるで、京の夜に浮かび上がる巨大な

蝋燭のように見えました。今回は午前中に京入りしたので

ライトアップはなしです。

Cimg4153

有名な駅ビルの前で記念写真を撮る海外からのお客様。

アジア系から欧米系まで幅広くいらっしゃいました。

近代美術館までは駅前のバス停からバスに乗って行きます。

あゆは市バス1日乗車券を買いました。500円で乗り放題の

このチケット、京都観光にはもってこいですね!何せバスは

一回乗ると220円(均一区域内)なので、3回乗ると

元は取るカタチになります。かなりお得なので行かれる際は

購入をお勧めします。本数も結構あるので、待ち時間も

少ないですし、少人数の場合はタクシーよりオススメですね。

Cimg4175

はい、こちらが近代美術館です。平安神宮前にあります。

Cimg4176

お向かいにあるコチラは“京都市美術館”です。

煉瓦造りがオシャレな建物です。

早速チケットを買い、中へと進みます。

残念ながら館内では撮影禁止なのでお写真は

ないのですが、ルノワールワールドを堪能できる

素晴らしい絵画展でした。いゃ~、京都まで行って

見たかいがありました!

Cimg4154

近代美術館の4階ロビーから撮った平安神宮の大鳥居と

京都市美術館です。ただでさえ巨大な鳥居が目の前に。

大きさと鮮やかさに圧倒されますね。

あゆのご近所にはチタンの大鳥居がありますが、朱塗りの

方がなんか圧倒されちゃいました。

さてさて、目的を達成できたあゆ。残すは観光です。

せっかく京都まで来たので目一杯観光して、どぉせなら

祇園祭の宵々山も堪能しようという魂胆です!

実は結構いろんなことがあった京都観光。

続きはまた明日

| | コメント (1)

1度限りの逢瀬

こんばんは、あゆです。

本日7月7日は七夕ですね。

天の川に隔てられた織姫と彦星が唯一会える日です。

が、梅雨真っ直中の兵庫県では生憎の曇り空(×_×)

これでは天の川を渡ることはできません。

と、悲しみに暮れるのはちょっと早いです。

七夕伝説発祥の地、中国では曇り空や雨の日は、

カササギが群れを成し、天の川に橋を架け、織姫が岸を

渡れるようにすると言われているそうです。

Cimg2501
あっ!「い」が抜けてるΣ( ̄ロ ̄lll)

せっかくなのであゆも一筆。

ちなみに、七夕の日、朝一の太陽が当たった

夜露を集め、その露で墨を擦り、その墨で願いごとを

短冊に書くとその願いが叶えられると言われています。

が、夜露ってナカナカ集まりません(笑)

しかも、太陽が当たったらすぐに集めないとすぐに

蒸発しちゃいます( ̄m ̄*)

なので、露を集めるのって至難の業なんです。

ま、だから願いが叶うと言われてるんでしょぉけど。

簡単に願いなんて叶うよぉじゃ一々お願いする意味が

ないですもんね!

で、あゆが書いた短冊はと言うと・・・

Cimg2502

笹がなかったのでパイナップルに吊してみました☆

ん~、これじゃぁ・・・願い叶わずカナ(^◇^;)?

| | コメント (2)